飛行機に乗る前に!カサブランカでの時間の過ごし方

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

img_9261-1200北アフリカ、モロッコの玄関口といえばやはりカサブランカです。大きな空港もあり海外から飛行機で来る際、帰る際にカサブランカに立ち寄るのも多いケースではないでしょうか。筆者はフランスからモロッコへ行きましたが、その際もカサブランカの空港を利用しました。ヨーロッパからアフリカへの空の玄関口ともなっていると言えるでしょう。筆者はモロッコ旅行最終日、カサブランカで2泊することになりました。飛行機の日時に合わせての追加の1泊があったための2泊だったのですが、モロッコを十分に満喫し終わった人にとってはかなり発展してきているカサブランカは少しもの足りなく感じるかもしれません。そこで、今回は特に目的がなくともカサブランカをゆったりと楽しめる方法をご紹介します。これら実際に筆者がカサブランカ2日目に特にやることがなくやってみたことですが、それとなく現地の時間の流れ、雰囲気に入り込めてとても居心地がよかったです。時間に余裕がある際には、ぜひ試してみてくださいね。

モスクでひたすら海を眺める

src_10030872カサブランカといえば、「ハッサン2世モスク」が有名です。このハッサン2世モスクは、海辺に突き出る形で立っており、建物の壮大さはもちろん、周りの景色と合わせて楽しめるのがポイントです。ハッサン2世モスクは、モロッコではめずらしく、イスラム教徒以外の観光客でも中に入って見学できるのが特徴です。まずは一度、見学ツアーに参加し、モスクの中を見てみるのもいいかもしれませんね。私は、金銭的にも余裕がなかったので、残念ながら中に入ることはしませんでしたが、外観だけを見ても、イスラム建築や美術のすばらしさを感じることができました。ハッサン2世モスクでは、モスクそのものを楽しむのはもちろんですが、周囲の海辺には、モスクから低い塀が海辺に伸びており、そこに座って海を眺めることができます。ちょっとした休憩に観光客が座っているのは、もちろん、地元の人々も海辺でのんびりとした時間を過ごしています。もともと筆者は海を眺めるのが好きなのと、時間があったのとで、1時間近くぼーっとそこで海を眺めていました。近くに座っていた地元の若者と話ができたりとなんとも貴重な時間でした。ぜひモスクだけではなく、周囲の雰囲気も味わってみてくださいね。

旧市街を歩き倒す

casablancalsat5モロッコといえば、「メディナ」と呼ばれる旧市街が大きな街には必ずといっていいほどあります。もちろんカサブランカにも旧市街があります。フェズの旧市街などはその大きさ、複雑さからも有名ですが、カサブランカの旧市街もコンパクトながらモロッコの雰囲気が感じられておすすめです。私は時間があったので、旧市街中を歩きつくす勢いで散策していました。そんなに大きな旧市街ではないので、地図に頼らずともなんとか迷うこともなく、自由気ままな探索を楽しむことができます。買い忘れたお土産を調達したり、地元の人に交じって服やカバンをみたりと時間のあるかぎりお買い物を楽しむのも良いでしょう。

公園を目指してぶらり散歩

src_10387993旧市街から少し離れて開発の進んだ新市街の方へ行くと、近代的な公園を見ることもできます。旧市街から徒歩で行ける範囲に鳩がものすごく集まることで有名な「ムハンマド5世広場」など、いくつかの公園を見つけることができます。とくにこれといっためずらしいものがあるわけではなくても、ただ街の風景や人々を見ながら散歩をしたり、地元の人の交じって公園のベンチで休憩したりと落ち着いて過ごすことができます。公園へ向かう途中の道では、ショッピング街などもあるので、ぶらりと買い物をしながら目指すのも楽しいです。

求人情報

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人を募集しています。

おすすめおすすめ

旅の様子

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

手作りキャンピングカー日本一周

世界の人々の写真

旅が仕事YUUMA

石垣島での活動

旅人の隠れ家

村人ブログ

求人

創造アート&日常&研究

live free art (芸術)

神崎竜馬

意識世界の研究

旅人の歌

ヴィーガンの村

バンライフインスタ

ここ最近の旅とか遊び

  1. 「自宅の庭にバーがあったらいいよね?玄関を開けたら素敵な空間と美味しいお酒があったら素敵だよ…
  2. 昨日の事が一年昔の事みたい。毎日、毎時、毎分、毎秒、俺の周りで、俺の心の中で、俺や、誰か…
  3. キャンプしながら、ヴィーガンしながら、手作りのうごく家で旅をする。地に着いた家は持たないから、帰りを…
  4. 制作者:せい材料:白保海岸で拾った流木、庭木、廃棄木パレット、近所の牧草、鉄ビス…
  5. まさかのLIVE FREE キッチン全焼。ケガ人が出なかったから笑い事。でも…
  6. みなさんこんにちは!Shigeです!人生一寸先は闇と言いますが、まさかいきなり命の危険を…
  7. ※写真:当サイトスタートから44日目~47日目琵琶湖志賀駅から京都駅スタート…
  8. みなさんこんにちは!Shigeです!今夜は”眠らない街”バンコクの夜遊び事情、ゲイバ…
  9. 簡単にクリアできない事、思い通りに行かない事も楽しい ♪live free (村のほ…
  10. 石垣島での商売がいろいろ増えてきて事務所が必要になったけど、働く場所もどうせなら面白い方がい…

pickup 情報

  1. 木梨憲武。そのフルネームよりも「とんねるずのノリさん」として知られた時代が今はまだ記憶に鮮烈かもしれ…
  2. 世界遺産の火祭り「ラス・ファリャス」(Las Fallas de San Jose)/スペイン・…
  3. はじめに海外旅行は家族で行くのがごく普通でも、その旅のスタイルがバックパッカーだと家族で出発…
PAGE TOP