一日一食生活に挑戦 ~「化学農薬」や「薬=善の洗脳」について思う事

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

私たちの「動くおうちは」とても目立つらしく、毎日必ず数人には声をかけられます。

出会いがなければ旅は進まないので、絡まれるのは嬉しい事ですけどね。

この記事で登場するのは、社会の仕組みに蹴りを飛ばし国会議員を退職した宇宙人と、70歳を超えてもユートピアを守りながら旅をする元気なおじいちゃん。そして4年ぶりに再会した長女ユイです。

この三人と出会って考えさせられた、「日本の薬の問題」と「一日一食生活」について旅の様子を交えながら書いています。

まず大前提として「現代の農薬はもともと戦争で使われていた化学兵器」という事を知ろう

農薬・化学肥料、そういったものがどれほど人体に悪影響を受け、またその影響で恩恵を受けている医療界がどれだけの悪事を働いているか?

そういう事に興味を持つ人が増えない限りは、現代の農薬農法が減ることは無いでしょう。

化学農薬が使用され始めたのは第二次世界大戦後、日本が負けGHQによる統治が始まった頃から今に続きます。

それまでは、化学農薬を使用せずとも日本は米の供給が間に合っていました。統治する側はいろいろな理由を並べ農薬を撒き続けますが、人を殺すための戦争に使われていた化学兵器を食品に入れる事に正義など一つもありません。

今の地球の支配者層は、毒薬をばら撒き、対処療法の医療・ドラッグに人を依存させ金を集め、病気の恐怖を人に与え支配しています。病気の恐怖はどれだけお金を払ってでも拭いたいと思うのが人ですからね、そこをうまく使った戦略なのです。毒薬(農薬や食品添加物などの薬品)と畜産がこの世界になければ、今世界で起きている殆どの負の問題が解決していきます。戦争もなくなり、病気もなくなり、支配格差も無くなっていきます。

「農薬=化学兵器」嘘のような本当の話ですので、ご自身で深いところまで掘り下げながら、調べてみてください。病院で管に繋がれて死んでいくのが当たり前な日本に少しでも疑問を持って頂ければと思います。

GHQ統治後の日本の現状を、仕組まれたメディアニュースからではなく、ご自身の足を使って、ご自身の意思を持って知ってください。書店ではまだ個人の出版が残っています、正しい情報も見つかるかもしれません。またWEBの情報も支配者層に操作されている時代です、海外発信の記事や研究者に目を向け、探求して頂きたいと願います。

70歳を超えてもユートピアを守りながら旅をする元気なおじいちゃんが教えてくれた「無農薬米」

「金がないなら、僕の家に住んだらいいですよ。宿は高いし、キャンプはこれから寒くなる。お金もいらないし自由に使っていいですよ、家の中には薪ストーブもある。」

と、声をかけられたことから始まった繋がり。やっぱり僕らの身だしなみは金なしヒッピーに見えるのだろうか。

夏は北海道を旅して、冬はやっぱり南の島がいいですよ。北海道は今も昔も畑人が少なくて困っている、だから僕は毎年畑を手伝いに行きます、夏の北海道は最高だからね。何がいいかって、そりゃ手伝った後に頂ける野菜やフルーツが新鮮でおいしい事だね。キャンプ地も沢山あるし空気も最高ですよ。

冬は八重山諸島まで南下してキビ狩りの手伝いをしたりもしてますよ。やっぱり寒い所はキャンプが辛いでしょう、皆さんもそうしたらいいですよ。

米農家の友達も沢山いますよ、無農薬米の収穫には人手がいるから、そういう人たちの手伝いをしながら、僕は全国を旅をしてますよ。70歳になった今もね。

無農薬の米を自分でも育ていて、今年の収穫がちょうど今なんですよ。ここからすぐ近くに田んぼがあるので遊びに来ませんか?

無農薬米作りはそんなに難しくないし、人と繋がれるし、最高ですよ。体力作りは必要ですけどね。

まあ、それよりも先に、僕の家に住んだらいいですよ笑

オタマジャクシは害だと言う米農家もいるけど、僕はオタマジャクシを活かして米を育てています。田植えの稲を若いうちではなく、少し太くなってから植えるのです。そうするとオタマジャクシは根を食べる事が出来ないので、他の害虫を食べてくれるようになります。それで農薬もいらないし、いい事しかないですよ。

社会の仕組みに蹴りを飛ばし国会議員を退職した宇宙人

宇宙から来て、政治で世界を平和にしようとしていた「一日一食おじさん」、欲が殆ど抜け切り仏の様な人でした。

いきなり「僕幽霊と遭遇したことがあるんですよ・・」と話を進めるぶっ飛んだ宇宙人は、なんと一週間前に政治家を辞め、新しい道を歩み始めたばかりでした。

一杯やりながら政治や社会問題、環境問題・バビロンなどについて話しましたが、やはり政治界で生きていた宇宙人の言葉は深い。

地球の言葉に慣れていないらしく短い言葉を使い、たまにボソッと話す宇宙人ですが、その言葉一つ一つが面白くて愛がありました。

一日一食生活で宇宙に近づけるか?

ここ最近、「宇宙に行くには欲を捨てていく」というメッセージを兄弟からもらったので、私たちは「欲」について考えている時でした、「食欲」もその一つです。

この宇宙人と話していて、私たちが特に興味を持ったのが「一日一食生活」の話です。

なんとこの宇宙人は一日粗食を一食、肉も食べないという生活を30年続けているのです。実際に僕たちと時間を共にしていた数日間、この宇宙人がまともな食べ物を食べている所を見た事がありませんでした。おしんこをひとかじりとか、野菜チップスを少々・・・という夜ご飯を済ませ、次の夜まで何も食べないという生活でした。

体大丈夫なの?と心配しそうになりましたが、体格もよく、昼寝をしながらとはいえ、適度にふらふらと体を動かしている様子でした。

宇宙人と人間の体の構造は違うのかと考えてみましたが、実はそうではないようです。

人間も動物と考えれば物事はシンプルに見えてくる。人間は脳が発達した動物とはいえ、体はこの地球環境に準じた構造をしている。野生動物たちは、決まった時間に決まった量の餌を食べる事は出来ない。それもでも健康で自然界では病気をすることは無い。もちろん人間がバランスを壊してしまった自然の中では動物も病気になってしまうが。

多くの研究者は、ほ乳類は一日一食で必要十分な栄養とエネルギーを確保でき、時には断食をすることで健康バランスが最も整うと発表しています。

何故メディアや学校(支配者)は一日3食を進めてきたのか?

まず大前提に一日3食は食べ過ぎで体を壊します。そして国民の不健康こそが国や支配者のビックマネーに繋がるためです、病気の恐怖はどれだけお金を払ってでも拭いたいと思うのが人ですからね、そこをうまく使った戦略なのです。三食洗脳や毒薬ビジネス、これは一次世界大戦から今もなお続いています。国家は書き換えられた神道ヤクザですからね。やることがエグイですよ。

食品添加物の混入%も年々増えてきています。水道水への添加物混入%も増えてきています。このままではものすごいスピードで病人が増えていきますので、薬が売れ、医療が儲かり、悪の支配者の資金源がさらに増えてしまいます。

困ったものですよ。

一日一食生活に挑戦

私たちは、もともと一日二食でしたが、この宇宙人の話を聞いた日から「一日一食生活」に挑戦しています。

始めて数日間は腹が減るのですが、4・5日たったころから、朝腹が減らなくなり、フルーツをひとかじりするだけで、夜まで腹が持つようになってきました。

もちろんいつも通りテントを畳んだり、洗濯をしたり、移動したり、体は十分に動かしています。

トイレはほとんど行かなくなったように思います。

食事を作り食べる時間が減ったので、一日の時間がとても増えました。体も軽く、とても調子が良いです。

4年前に自立した長女と北九州で再会!だいぶ社会に洗脳されてしまっていた・・

世界一周の旅を終え都会での生活を選んだ長女は、だいぶ都会の洗脳を受け疲れているようでした。

北九州工業地帯のど真ん中で働いている彼の家に住む長女、大気汚染による喉の痛みを訴える中、社会の「薬=善の洗脳」によって薬浸りになり、体はボロボロでした。

4年都会で生きただけで、旅をしていたころの輝きの一切を忘れ、完全に社会に繋がれていました。四六時中携帯電話を意識し、ニュースに踊らされ、時間ばかりを気にして、金の心配ばかりして、食べ物は杜撰になり、今この瞬間生きているという事をすっかり忘れてしまっているようでした。

ユイ、こんなシンプルなことも忘れてしまったの?

薬は飲まないほうがいい、水道水も飲まないほうがいい、肉を辞め野菜を中心に栄養のある食べ物を食べ、農薬や食品添加物を体内に入れないようにして欲しい。ニュース、国のいう事は信じないでほしい。

それに、ユイの体はもうボロボロだよ。だから早く気づいてほしい、もう一度旅に出れば誰がこの世界を壊しているのか、何がユイの体と心を蝕んでいるのか解るよ、思い出すよ。

誰かに何を言われても自分を変えられないのが人だから、パパに言われても食生活や環境を変えるのは難しいかもしれないけど、この人生で成長を望むのなら、たくさんの事に興味を持ち、気づいて、自分を変え進化させていかなければならないよ。

せめて飲んでいる薬、食べている食品、飲んでいる水くらいは興味を持って欲しい。

自分が興味を持ち探求する事で初めて気づき人は進化成長できるんだよ。

旅、時々おしゃれ

別府のお気に入りの湯治宿「あそ」で休息している時、あきちゃんにエクステを付けました。ロン毛をずっと夢見ていたみたい。丸二日間かけてセットできました。

ここ最近のちょっといい写真

求人情報

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人を募集しています。

おすすめおすすめ

旅の様子

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

手作りキャンピングカー日本一周

世界の人々の写真

旅が仕事YUUMA

石垣島での活動

旅人の隠れ家

村人ブログ

求人

創造アート&日常&研究

live free art (芸術)

神崎竜馬

意識世界の研究

旅人の歌

ヴィーガンの村

バンライフインスタ

ここ最近の旅とか遊び

  1. キャンプしながら、ヴィーガンしながら、手作りのうごく家で旅をする。地に着いた家は持たないから、帰りを…
  2. ここに書いてある事を実践すれば、アトピーは必ず治ります。これは「経験」です。薬や石鹸、日本の水道水を…
  3. みなさんこんにちは!Shigeです!人生一寸先は闇と言いますが、まさかいきなり命の危険を…
  4. 世界三大遺跡といわれる、カンボジアのアンコールワット、インドネシアのボロブドゥール、そしてミャンマー…
  5. 3ヵ月~6ヵ月の旅をして頂き、旅先でこちらからのテーマに沿った記事を書いていただくお仕事です。…
  6. みなさんこんにちは。Shigeです。旅をしていると色々な所にいきますが、そこで切り離…
  7. ※写真:当サイトスタートから44日目~47日目琵琶湖志賀駅から京都駅スタート…
  8. 畑仕事の後、ビーチ帰り~バケツの底穴から降り注ぐシャワーに打たれ、水に感謝、自然に感謝♪…
  9. まさかのLIVE FREE キッチン全焼。ケガ人が出なかったから笑い事。でも…
  10. デザインがアートすぎる手作りキャンピングカー
    type2完成!~旅をして、さらに改良し使いやすく、おしゃれになりました!自作キャンピングカー旅…

pickup 情報

  1. 雨降り観光地10選天気は晴れがいい。これはほとんどの人にとって共通の認識でしょう。特に旅人にとっ…
  2. バックパッカーの旅は必ずしも1人でしなくてはいけないという決まりはないので、夫婦やカップルで…
  3. ランタン飛ばして幸せになろう! 「コムローイ祭り」(Khom Loi)/タイ・チェンマイほか…
PAGE TOP