youは何しに日本へ|宿での出会いは友情の始まり−旅人マルコの夢

みなさんこんにちは!
Shigeです!

今回のお話は、那覇の宿で出会った友人との、短いけれども温かい思い出の物語です。

彼の名前はMarco(マルコ)

理想を持ち、夢を叶えるために行動し続ける、かっこよくて優しい男

日本で最後に出会ったのは歌う旅人でした。

ゲストハウス”けらま”での出会い

出国を明日に控えた僕らは、今日の宿を那覇にある格安宿、ゲストハウス”けらま”にチェックインしました。

一通りの説明を受け荷物を下ろした僕らは、旅の疲れも残っていたため、今日はのんびり休憩でもしようということになり、広間で他のゲストたちと一緒にテレビを見ていました。

その時見ていたのが「youは何しに日本へ」という番組で、バルセロナ出身の青年が東京から沖縄まで自転車で縦断するというものでした。

(いろんなことする人がいるなぁ、でもなんかこの人見覚えがある気がするんだよなぁ)

面識はないはずなのになぜか会ったことがある気がする…

なぜだろうと一人悶々していると、

「マルコ〜、番組始まってるよー」
「おっ、ありがとう。ちょっと写真撮ってくれない?」

という会話が聞こえ、見てみると外国人ゲストがテレビの隣でツーショットを撮っていました。

(うわー、この人めっちゃテレビの人と似てるじゃん!

ん?似て…る? いや…え?

この人本人じゃないか!)

そう、宿の説明を受けているときに僕はすでに彼とあいさつを交わしており、
なんと、日本縦断中の青年はすでに目的地である那覇に到着していたのです!

youは何しに日本へ 旅人Marco(マルコ)の自転車日本縦断

彼の名前はMarco(マルコ)

スペインのバルセロナ出身
日本語を4年間勉強しており、もっと日本語や日本の文化を知りたいという想いから来日
東京から那覇までの自転車旅を開始する。

驚くことに、僕らと出会ったのはテレビ局からの最後の取材を終えたすぐ後だったということです。

「やっとテレビで見れたよ」

と旅の番組を見ながら、制作秘話や裏話などを楽しそうに語ってくれました。

期せずして僕たちは、テレビで見た彼の旅の結末を見てしまったのです!

↑マルコが旅の中で使っていた日本語メモ帳

MarcoとShige、男二人で夢を語り合った瀬長島の海

けらまですっかり仲良くなった僕らは、せっかくだからみんなで海に行こうという事になり、無料シャトルバスで行ける瀬長島という小さな島に遊びに行きました。

遠浅の海は浅瀬で座るとちょうど温泉に入っているような水位で、生温かい海水がゆらゆら揺れてとても気持ちよかったのを覚えています。

しばらく浸かっていると、マルコが

「Shigeの夢はなに?」と聞いてきたので、僕はいつも答えている言葉を返しました。

「多分僕はこの先も旅を続けて行くと思う。そして、いろいろな世界を旅しながら、その中で自分の本当にやりたいことを見つけていきたいんだ。だから、人生の夢を見つけることが今の僕の夢だよ」と、

するとマルコは

「いいね!すごくいい夢だねそれ!」と言ってくれて、とても嬉しかったです。

マルコの夢は、”自分のやりたいことをやっていくこと”

音楽もそうだし、リアルホラー脱出ゲームをつくるのもそう、やりたいことがいっぱいあるらしい。
でも、その為にはやっぱりお金が必要だし、時間も必要だ。

それを実現するために、バルセロナに帰国したら日本人向けのサービスを立ち上げるようで、今回日本に来たのもその一環らしい。

お互い夢の叶え方など違いはあるけれど、考え方ややりたいことなど、通じるところが多くあり海に浸りながら色んなことを話していました。

恋愛観や愛について、やりたいことをするにはやっぱりお金が必要になるということ、時間に縛られない生き方がいいねということ、ここには載せられないような恥ずかし話まで何時間も話していて、気づくと身体がしわっしわになっていました。笑

このサイトを運営している家族

貯金30万円、財産すべてをザックに詰め込み、7歳と9歳の娘たちを連れて地球放浪の旅に出たのが10年前。今になっても着地できず、旅は年々刺激と学びが増すばかり。

私たちの「超刺激的な旅ブログ」を読む👇
https://yuuma7.com/blog/

大麻など覚醒植物の研究と意識世界の旅

覚醒経験(かくせい)は人生に大きな学びを与えてくれるでしょう。「意識世界の旅」に出かけてみませんか?

草・意識世界の研究・ブレンドハーブ通販はコチラ👇
https://yuuma7.com/kusa/

旅人志願者向けの求人情報!

どんな物騒な世界になろうとも、旅人の目に映る景色はいつも平和で自由、そして愛そのものです ~ ♪

求人情報はコチラ👇
https://yuuma7.com/live-free/

一期一会 マルコと交わした約束

出会いがあれば別れが来るのもまた当たり前のこと。

だけど、僕たちは再会を約束しました。

将来、お互いの夢が叶ったらまた一緒に遊ぼう
今度は僕の方がバルセロナに遊びに行くから美味いところを紹介してね
マルコのつくったリアルホラー脱出ゲーム、絶対やりに行くからねと、

次に会う時の楽しみを存分に膨らませて、僕たちはまたそれぞれの旅に進み始めました。

寂しさがないと言えば嘘になりますが、これもまた旅の醍醐味、

旅先での一期一会が、今日を生きる糧になるのです。

まったく、これだから旅をするのはやめられないんだ!

↑みんなで撮った集合写真

↑マルコの壊れた数珠を一緒に直している。(マルコの腕には沢山の数珠がついている。全部旅で出会った人たちが旅の成功を願ってプレゼントしてくれたようだ。)

↑音楽好きのマルコは、ウクレレでいつもみんなを楽しませてくれる。

次の日の早朝、僕らはけらまを後にした。

次に向かうのは、タイのプーケットだ!

旅の様子

画像をクリックするとコンテンツが閲覧できます。
 

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

手作りキャンピングカー日本一周

世界の人々の写真

旅が仕事YUUMA

石垣島での活動

石垣島では数々の音楽&アートイベントを主催してきました。ノマド発信の拠点となります。
 

旅人の隠れ家

村人ブログ

アート&研究

私たちノマドが見えている世界観をアートや研究によって創造し発信しています。
 

live free art (芸術)

神崎竜馬

意識世界の研究

旅人の歌

ヴィーガンの村

アミ小さな宇宙人

バンライフインスタ

ここ最近の旅とか遊び

  1. みなさんこんにちは!Shigeです。今回お話しますは、それと知らずにミャンマーの制限区域…
  2. ブロードウェイジャンクションにあるモーテルから電車で30分。世界の中心ニューヨーク。そしてニ…
  3. 私たちは、家族3人+犬二匹でバンライフをしています。日本で家は持たず、旅をしながらこの「車のおうち」…
  4. もうこの地球上で進みたい「道」が無いと思っていたら、宇宙と繋がったよ。ヨットという選択肢がま…
  5. 鹿児島では「愛」と「神話」について学び、熊襲の血を引く鹿児島人の優しさ、温かさに流され、旅をしてきま…
  6. 簡単にクリアできない事、思い通りに行かない事も楽しい ♪この村はいつも水に悩まされて…
  7. キャンプしながら、ヴィーガンしながら、手作りのうごく家で旅をする。地に着いた家は持たないから、帰りを…
  8. 私たちの「動くおうちは」とても目立つらしく、毎日必ず数人には声をかけられます。出会いがなけれ…
  9. 車上生活のバッテリー問題と、今の地球のエネルギー問題と、ここ「南九州の素晴らしすぎる発電方法」につい…

pickup 情報

  1. 雨降り観光地10選天気は晴れがいい。これはほとんどの人にとって共通の認識でしょう。特に旅人にとっ…
  2. 日本を代表するアートの一つとして、誰もがそのうち行ってみたい、見てみたい、体験したいとそれとなく、い…
  3. ※特に外国人や女性は身ぐるみをはがれたり、暴行を受けたり、レイプされたりといった例も多数報告されてい…
PAGE TOP