「海外の仕事」外国で中古車販売業をしながら旅暮らし

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

アメリカ映画によく登場するセールスマンといえば、中古車販売業。ノルマが厳しくつらいものの、成功するとなかなか良い収入につながる職業として知られています。どちらかというと、強引なセールスマンの代表的な存在でもあります。

そんな中古車販売業。世界各地で売られる日本車の中古車数の多さを考えると、海外拠点であっても日本人が経営しセールスすることで、安定収入を得られるような気がしませんか。

中古車販売はもうかるのか

車を必要とする社会では、新車と中古車、それぞれに需要があります。ただ、国によっては、新車の購入、または中古車の購入に多額の税金を課したり、優遇措置を付与することがあり、その額や内容によって、売れ行きも変わります。

そんな中、国によっては、新車の購入には、車体価格以上の自動車取得税がかかる国もあります。そんな国で新車を持てる人は一握り。あとは、中古車がひっぱりだこになります。中古車の需要がまったくない国というのはまずないわけです。

中古車を売るだけでなく、得意分野を売る

車は、一国内で生産と売買が回転しているわけではありません。輸入車もたくさん出回ります。中古車を販売するなら、どこかから中古車を仕入れる必要がありますが、その中古車の種類や程度によって、営業対象も変わってくるでしょう。

スポーツカーに詳しい人、アウトドア車に詳しい人、輸入車に詳しい人、ひたすら安い車を扱う人、クラシックカー、ほぼ新車の新古車、事故車だけどうまく修理した車など、さまざまなスタイルの車が取引されます。

客の求めるものをオールマイティに探してくることができるセールスマンもいいですが、専門性を持つセールスマンだと、紹介が紹介を呼び、客層が広がりそうです。

仕入れもおまかせ

現地のメーカーに加え、日系のメーカーやディーラーにコネがあれば、中古車の手配がよりスムーズにいきそうです。

中古車の出回り方は国によって違いますが、オークションが開かれているところもあれば、日本によくある中古車の買い取り業者が不要車を吸い上げて集め、それを中古車販売業に卸すという流れを作っているところもあります。

ただの雇われセールスマンであれば、仕入れまで心配する必要はないかもしれませんが、自営でブローカー的に売買を行うなら、自分なりの仕入れコネクションを構築しておく必要があります。

旅をする事が収入に直結(おすすめ!)

おすすめ

自営で中古車販売業をするのに必要な準備

中古車の売買を行うには、それなりの資格が必要なことが多いでしょう。ただし、それはそれほど取得が難しいわけではありません。看板を掲げること自体は難しくないのです。ただ、そこに並べる中古車を仕入れてくるためのコネクション、中古車を整備するための整備士と整備設備、中古車を購入する際に必要となるローン会社とのつながりなど、さまざまな必要条件をクリアする必要があります。

自分で一からスタートするのは結構大変。そこで、それらがある程度パッケージになっている、つぶれそうとかリタイヤしたいが後継ぎがいないといった経営者から、店ごと権利を買い取るケースも多いようです。

確かにそれなら、スタートアップキットが揃っていてお手軽ですね。

だから自営中古車販売業がオイシイ

店舗と権利を買い取るにはそれなりの資金が必要です。でも、経営者になることで、車の仕入れ価格と販売価格間に発生する利益を大きく吸収できます。

ここがイチセールスマンとの大きな違いです。

また、購入する客側としても、自分の店を構えているという安心感が大きく作用します。車の在庫がある、店がある、整備工場がある、整備士がいる、そんな「形」が、車を購入した後の安心につながるのです。

だから、多少の無理はあっても、資金を用意できるなら、フリーのセールスや雇われセールスでいるよりは、自営をおすすめします。

気になる、雇われセールスマンのノルマってどのくらい?

誰もが資金やチャンスに恵まれて、最初から自営中古車販売業としてデビューできるわけではありません。多くは、雇われセールスマンとしてスタートします。

では、この雇われの場合、ノルマや収入はどのくらいなのでしょうか?

あくまで一般的にですが、ノルマは月間10台近いといわれます。また、1台あたりの販売価格にもよりますが、セールスマンが得ることのできるマージンは、販売価格の3~8%程度。100万円の車を売っても、収入は3~8万円なのです。たしかに、10台くらい売れなければ、まともな収入になりません。

また、先進国であれば、100万円程度の中古車が多く存在し、それを購入する人もそれなりにいますが、後進国など一人あたりの収入が低い国だと、その価格がガクっと落ちて、数十万円に。すると、セールスマンの収入もガクっと落ちてしまいます。

一般に、新古に関わらず車のセールスはノルマが厳しいといいますが、中古のセールスの場合は、固定給なしの全コミッション制度が多いため、数を売ることができなければ、自分の収入にはならないシステムです。

フリーセールスマンならどう?

最初からフリーで中古車のセールスマンになる人はまずいません。ご説明したように、コネクションが必要だからです。

車業界である程度働いてコネクションを持つ人で、セールス力があり、購入層に心当たりがあるなら、フリーセールスマンとして中古車を売ってみるのもいいかも。

フリーであれば、1台を売った時に受け取ることのできるマージン額が大きくなります。その代わり、中古車販売会社に所属していれば得られるだろう、保障などを受けられません。社名を名刺に書くこともできません。提携整備工場も、自力で契約するなり見つけ出す必要があります。だいたい、販売する車も、情報を無条件に提供してくれる会社がバックにつかないため、自分で客の好む車を探して、マッチングをしていく必要があります。

かなりの台数を売り上げられる自信がないと難しそうですが、成功すれば、大きな収入に結びつくのも確かです。

客をゲットする難しさ、日系人のつながりをいかす

既存の店を受け継げば、多少は顧客もついてくるかもしれません。でもつぶれそうな店だとすれば、顧客名簿に期待は持てません。また、リタイヤする店であっても、経営者が変われば、客は簡単に背を向けます。

結局は自分で開拓する必要があるわけです。車を買いたい人はいます。売りたい人も大勢います。結局、セールス間の競争は激しいものになります。

そこで勝ち抜くには、独自のセールス力はもちろんですが、独自の販売ルートを築けるかどうかにありそうです。

日系人コミュニティや、日系の会社など、さらには駐在員などだと、車が必要であっても、日本国内で自分好みの車をゆっくりと吟味して選ぶのとは違い、駐在先では、ほぼ業者におまかせです。

「このくらいの価格とサイズの車を用意して」的なノリで、まるごと任せてくれます。もちろん、その後の整備などもすべて任せてくれます。こんなおいしいコネをいかさない手はありませんね。

まとめとして

地方の小都市で、ちょっとおしゃれな家、オシャレな車、中流プラスアルファの家庭。そんな生活を送る中古車セールスマン。これ、おもにアメリカのイメージですが、中古車セールスで成功している人は、そのくらいの社会的経済的ステイタスを得られるわけです。

地域にもよりますが、特に中古車市場における日本車人気は高く安定しています。日本人であることを、いかせば、日本車の中古車を上手に売りさばいて、ヒト財産築けるかも? しれませんね。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Family – pickup

  1. ※写真: TRAVELER'S NOTE スタートから39日目~…
  2. ※文、パパ※写真:AYA僕は少年の頃からの夢を現実して、今アジア一美しい車窓…
  3. ※写真:YuumaとうとうインドINしました。子連れバックパッカー4年目、ずっと行き…

注目記事

ピックアップ記事

新着記事

旅人の隠れ家

求人

村人ブログ

旅が仕事YUUMA

PAGE TOP