世界の人々の写真

歩いた距離1700キロ。滞在した村や街600以上。
オンボロバスでの移動220時間、白タク、オート三輪での移動400時間、列車180時間、シャッターを切った数、数千枚。
貧困、差別、売春、餓え、宗教、黒人、拳銃、麻薬、ラテン、絶景、消えていく自然。
見てきた風景と人たち、数知れず。

だけど今まで僕らが見てきたものは、世界で起こっている事のほんの一点に過ぎない。
地球儀で僕らの歩いた道を確認しても、『点』と『線』でしかない事が分る。
分っていたけど、やっぱり地球はとてつもなく大きかった。

PHOTO

※サムネイル写真をクリックすると拡大されます。

Recommend

Other

 

僕らの写真の撮り方

写真は僕だけではなく、娘たちにも自由なスタイルで撮らせています。 「子供の目線」を感じ取って頂けると幸いです。

私たちの旅は観光ではありません。旅先で仕事をし、移動手段はローカル路線を使い、現地のアパートを一週間だけ交渉して借りたりして、できる限り現地の人々と同じように生活しています。

それにより彼らの暮らしを直に感じる事が出来て、見えてくるものが沢山あります。

世界の人々と同じように暮らし、感じた事をこのサイトで皆様に伝えていきます。

+

カメラを始めたのは、旅に出てからでした。日本を離れた瞬間から毎日が感動の連続で、どうしてもこの瞬間をフレームにおさめたいという衝動に駆られました。

この感動を僕らだけで消化してしまうのは勿体ない、せっかく勇気を出して世界に飛び出したのだから、一つでも多くの宝物を残したいと思いました。

+

僕らは世界の人々の写真(人物)を中心に撮っています。

人物を撮るという事がこんなに難しいとは思いませんでした。人には感情があります。

笑顔もあれば、泣きたいほど辛い瞬間もあります。それがリアルに伝わってくる瞬間を切りとるのです。

僕らにできる事はこの瞬間を逃さずに、できるだけその人物に歩み寄り撮る。それだけです。

子供たちも、毎日勇気を出して異国の人々に歩み寄り、時には声をかけて撮っています。

異国で知らない人に歩み寄って、60cmまでカメラを接近させる事を想像してみてほしい。単純に勇気のいることですよね。

僕らが、その場所で、その瞬間に感じたリアルを、このサイトで皆様に伝えていきます。

神崎竜馬

旅が仕事YUUMA

求人

live free art (芸術)

村人ブログ

世界の人々の写真

旅人の隠れ家

石垣島ビリヤード

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

ここ最近の旅とか遊び

  1. 生徒たちが動画を編集して作ってくれました、後半いいっす笑ちょっと長いですが、最後まで見てくだ…
  2. 沖縄本島ショート旅。期間は短くても、内容の濃い二週間でした。楽しかった~…
  3. 昨日の事が一年昔の事みたい。毎日、毎時、毎分、毎秒、俺の周りで、俺の心の中で、俺や、誰か…
  4. ※写真:当サイトスタートから31日目から34日目新潟県から富山県スタートから…
  5. ※注意!こちらの募集は「旅のビジネス」とは異なります。WEB初心者は約6ヶ月の短期集中コ…
  6. 旅に出て半年経つあたりから「旅への意識」が変わってくる。旅をしているのではなく、日常…
  7. 子供を連れて旅をしていると、よく聞かれるんです。学校はどうすんの?って。必要無いと思…
  8. 日本のバスは安全だ。あんなに左右確認、安全確認、安全停止をするバスは世界中どこを探したって見つか…
  9. 音楽が地球を救う日が来るかもしれないニューヨークから東に十数キロにあるノーセーフティーエ…
  10. ※写真:当サイトスタートから14日目から15日目青森県つがる市周辺スタートか…

最近の人気記事

  1. フリーダム&エクスタシーパワーが充満する世界最強フェス「グラストンベリー・フェスティバル」(Glas…
  2. はじめにバックパッカーの中には、「緑・黄色・赤」の3色を組み合わせた衣類や小物を好んで取り入…
  3. 余裕いっぱいの予算と時間があれば、「世界一周」も、行き当たりばったり、地球上をあっちへ行った…
PAGE TOP