「海外の仕事」外国で週末祝日工場勤務をしながら旅暮らししてみた

あなたは、みんなが休む時に休みたい派ですか? それとも、みんなが休む時にこそ、働いて稼ぎたい派?

効率よく、それも言語などの壁に阻まれることも少ない場所で稼げる、それが休日の工業勤務です。

しっかり休みたい欧米人

休日に対する考え方は、国や地域、また宗教などによっても異なります。それでも全般的にみると、欧米人はしっかりと休もう、休むものだと考える傾向が強いでしょう。その証拠の一つに、日本が週休二日制になったのは、欧米より後でした。

現在も、ヨーロッパでは日曜日に店を閉める小売店が多いなど、みんなの休日はみんなで一斉に休むという考えが強くあります。

集中的に稼ぐなら休日を狙え!

休日は休むものという考えが、社会全体に完全に浸透していれば、レストランも商店も工場も休業になるでしょう。でも、社会事情が許さない場合もあるのです。

世界各地の工場の多くが、週末休みどころか24時間365日体制の不眠不休で動き続けています。機械はノンストップで働けるとしても、人はそうはいきません。そのため、シフト勤務などが行われるわけですが、それでも、休日は休みたい人が多いため人手不足。そこが狙い目なのです。

人が働かない日だからこそ、給料設定などの条件がいいはず。うまくすれば、ダブルペイ(給料倍額)で平日2日分を1日で稼げるかもしれません。

工場ワークってどんな仕事?

日本の工場ワークと仕事内容はあまり変わりません。

ただ、規模が大きい工場が多いかもしれません。これは、工場敷地を広く取れることから、工場そのもののサイズがアップしているだけで、実際の仕事内容には大きな違いが出ません。

また、日本の小工場にあるような、細かい手作業の工場ワークもあまり募集されません。それというのも、海外のこのての工場は、技術者や熟練工を必要とする場合が多いから。日本だと、パートのおばちゃんでもやっているような作業も、欧米の工場だと、それなりの経験者しかできない扱いになっていることがよくあります。

というわけで、工場ワークといっても、正社員としての就職でない限り、特殊な能力や経験を必要とすることはあまりありません。日本でパートやアルバイトとして募集している内容とほぼ同じだと思っていいでしょう。

例えば、ベルトコンベヤーで流れてくる製品を振り分ける、製品を大きさ別に箱詰めする、簡単な組み立て作業をするといった手作業が考えられます。または、成型ミスや異物混入などをチェックする視覚的な作業もあるでしょう。

PR広告

※投稿記事とは無関係です。

工場ではどんな人が働いているのか

大きな工場だと、人事ピラミッドができていることでしょう。工場長などは主に事務室などにいて現場にはいないものの、現場のリーダーがいて、部門別のリーダーがいて、その下に古株の社員がいて、さらに古株のパートさんがいるような形です。週末や祝日だけのパートタイムやアルバイトの場合には、シフトで休日出勤をしてくる、これらのメンバーの一部としか顔を合わせる機会はないかもしれません。

または、週末休日シフト専用の社員や古株アルバイターなどの下で働く可能性もありそう。さらには、日本でもありますが、日雇い的にその週末その日だけやってくる人たちと一緒に働くこともあるでしょう。

工場の仕事のメリットとデメリット

仕事内容がシンプルで特殊技能が必要ないこと。これは、誰でも手軽に始めやすく馴染みやすいというメリットがある一方で、退屈したり飽きたりしやすいというデメリットもあります。

また、機械や物を相手にする仕事であり、人間関係が薄いのも特徴の一つでしょう。さらに、週末や休日専用のアルバイトなら、その傾向はさらに強くなります。そのため、人間関係のわずらわしさは少なめ。同時に、仲間とワイワイしたいタイプには寂しいかもしれません。

工場の場合、機械を動かす都合上時間がきっちりと決まっていることが多いので、フレックスタイム制のような就業時間の融通をきかせにくいでしょう。ただし、残業はあるかも。でも、時間管理がしっかりとしている分、営業職や事務職のように、なんとなく残って仕事をしたり、早めの出社で就業前の準備をしたりといった、サービス残業が発生しにくいというメリットもあります。

多くの工場は作業着の貸与があるか、または動きやすく汚れてもいい恰好をするように言われます。ほかの職のように、オシャレを気遣って、今日は何を着ようとか、毎日同じ服を着ているわけにはいかないという気遣いも無用。この点はズボラさんにありがたいかもしれませんね。

さらに、大きな工場には食堂が付随していることがあり、安くあるいは無料で食事にありつける可能性があります。もう一つ、日本でもよくありますが、住み込み従業員用の寮がついていることも。ただし、週末休日のみのアルバイターだと、よほど空きがある場合や、多少自己負担アリでないと、入寮は難しいかもしれません。

さて、気になる収入は?

工場勤務は一般的な事務所などに比べると最初から若干ですが時給や日給が高めに設定されているようです。そして、さらに週末や休日に限ると、海外の場合は働き手が非常に不足していることから、先にも触れたようにダブルペイになっている例もあります。

また、街中にある商店やレストランなどでの勤務と違い、工場は郊外など、周囲にお金を使う場所がない立地が多いので、稼いだお金をついつい使ってしまう…という危険性も少なくなります。同時に、人間関係が希薄な分、帰りに食べて帰ろう、飲んで帰ろうという流れになることも少なめ。

単純に計算しても、平日4日間の収入を土日の2日間で稼げる可能性があります。それも、仕事内容は平日も土日も同じ。これはオイシイですね。

どこで募集しているのか?

求人雑誌や求人サイトのほか、口コミや紹介で見つける人が多いようです。例えば、ワーキングホリデーなどで海外へ出ると、3~6カ月程度同じ場所で就労が可能です。これ、逆にいえば、どんなに割のいい仕事でも、6カ月でやめなければならなくなるという意味にもなります。

そのため、同じくワーキングホリデーで来ている仲間などに、その仕事が受け継がれていく傾向があるのです。雇う側からしても、募集をかけて面接をして仕事を教えるという時間と労力を節約できるので、そういったつながりを見つけて引き継いでいくことを歓迎している風もあるくらい。

そのため、自力で探すのもいいのですが、同時に週末も働く気があることや、敬遠されがちな工場仕事をやりたいと思っていることなどを周囲に知らせておくといいでしょう。もちろん、アンテナはしっかりと張り巡らせておきましょう。

まとめとして

募集サイトや派遣会社経由でも、海外工場の仕事は見つかります。ただ、その多くが正社員またはそれに近いフルタイムが多いようです。

週末祝日限定の工場勤務は、アメリカやオーストラリアなどの地域では、よく知られた「オイシイ」仕事です。現地の人はすすんでやりたがらないとしても、日本人を含めた多くのワーキングホリデー滞在者たちの間では争奪戦状態。

それだけに、いかに前任者とのコネクションを作るか、情報を多くキャッチするかが、このオイシイ職にありつけるかどうかの境目になりそうです。

旅の様子

画像をクリックするとコンテンツが閲覧できます。

手作りキャンピングカー日本一周

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

世界の人々の写真

旅が仕事YUUMA

石垣島での活動

石垣島では数々の音楽&アートイベントを主催してきました。ノマド発信の拠点となります。
 
旅人の隠れ家

村人ブログ

アート&研究

私たちノマドが見えている世界観をアートや研究によって創造し発信しています。
 
live free art (芸術)

神崎竜馬

意識世界の研究

旅人の歌

ヴィーガンの村

アミ小さな宇宙人

バンライフインスタ

ここ最近の旅とか遊び

  1. 日本国最西端 国境の島 与那国WEB合宿という事で、今回は、ただ海を眺めているだけではなく、…
  2. 北上チームの僕らは、バガンを夜行列車で目指すも、3時間乗らずにうっかり途中下車。真っ暗闇のホ…
  3. サーファーズパラダイス・ニンビン・ゴールドコースト・バイロンベイバックパックを置いて、シティ…
  4. 制作者:せい材料:白保海岸で拾った流木、庭木、廃棄木パレット、近所の牧草、鉄ビス…
  5. 畑仕事の後、ビーチ帰り~バケツの底穴から降り注ぐシャワーに打たれ、水に感謝、自然に感謝♪…
  6. 令和時代、関東以南九州以北版私たちが今までにキャンプ滞在した場所は下のマップに記されています…
  7. みなさんこんにちは!Shigeです!人生一寸先は闇と言いますが、まさかいきなり命の危険を…
  8. 16歳のアキちゃ…
  9. ブロードウェイジャンクションにあるモーテルから電車で30分。世界の中心ニューヨーク。そしてニ…
  10. ※写真:飴をあげているのがユイとアキ。カンボジアに到着して二日目、シェムリアップから…

pickup 情報

  1. アフリカ大陸と言っても、モロッコやチュニジア、エジプトといった地中海に面したアラブ世界の北ア…
  2. 南米には今人気急上昇中のウユニ塩湖や日本人の一番行きたい世界遺産のマチュピチュといった超人気…
  3. 怖いもの見たさで行ってみたい危険極まりない場所世の中には、これほど危険なのに存在させておいて…
PAGE TOP