「緑色」にこだわる祭り 聖パトリックデー(St Patrick’s Day)に参加してみたら

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

聖人を讃えて祝う祭りは世界各地にたくさんあります。その中でも、「緑色」にこだわる祭りがこの「聖パトリックデー」。

街も人も川も、そしてビールまでもが緑色に染まるこの祭りをご紹介します。

聖パトリックデー(St Patrick’s Day)の開催会場・開催日

聖パトリックデーはアイルランドにキリスト教を広めたとされる聖人パトリックの命日で、3月17日。カトリックにおける祭日であり、アイルランドでは20世紀に入って国民の祝日として設定されています。

開催の中心となるのは当然ながらアイルランドのダブリン。ここでは17日を含む週末の3~5日間にわたってさまざまなイベントが次々行われます。

現在では、聖パトリックデーは緑色のイベントとして世界に広がり、必ずしもアイルランド人やアイルランド系移民のいる場所、キリスト教徒の街に限らない各地でも開催されるようになっています。

大規模なものでは、イギリスの各都市、アメリカのシカゴやニューヨークやボストン、オーストラリア、ニュージーランド、カナダでも、聖パトリックデーは祝祭日として祝われていたり、イベントとして楽しまれたりしています。日本でもアイルランド系ビール会社などがスポンサーとなってパレードが開催されていますね。

聖パトリックデー(St Patrick’s Day)の歴史

アイルランド国民にとって、聖パトリックはもっとも親しみある守護聖人です。

聖パトリックはウェールズで生まれましたが、16歳の時に海賊にさらわれてアイルランドに売り飛ばされてしまいます。奴隷(羊飼い)として6年間働いていた中で、神のお告げを受けて脱走。数百キロ離れていたウェールズまで徒歩で帰り、その後、アイルランドへの伝道を目標に神学を学びました。

アイルランドでの活躍は、各地に修道院、教会、学校を建てたこと、賛美歌を作って布教の助けとしたことなどで知られています。また、キリスト教の三位一体を、三枚の葉をつけるクローバーによく似た植物「シャムロック」を使って説いたという伝承があります。このことから、聖パトリックのシンボル、そしてアイルランドのシンボルもシャムロックの緑の三枚の葉となりました。

現在の聖パトリックデーが緑の祭りであること、シャムロックをシンボルとするのは、これらの歴史が理由なのです。

聖パトリックデー(St Patrick’s Day)のパレード

アイルランド・ダブリンでは、数日にわたる聖パトリックデーの最終日にパレードが開催されます。

パレードのテーマは常に緑。音楽あり、大道芸あり、ダンスあり、山車ありの大規模なパレードですが、近年のイベントパレードにありがちな奇抜さはなく、地元のプロアマ団体や個人が、コスチュームにも演技にもじっくりと時間をかけて用意したであろう成果を披露する場といった雰囲気です。

アイルランド系移民の多いアメリカのニューヨーク、カナダのモントリオール、オーストラリアやニュージーランド、そして日本でもパレードが開催されます。

これらのパレードはアメリカ・ニューヨークで最初に始まったもの。その後アイルランドに逆輸入され、再び世界各地へと広がっていきました。

自由に旅をして旅ブログを書く仕事!副業でもOK!

月収38万~320万円。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

聖パトリックデー(St Patrick’s Day)のイベント

聖パトリックデーには、アメリカでは、シカゴ川が緑に染められ、警察バッジがシャムロック型に、ホワイトハウスの噴水も緑、ウィスコンシンのニューロンドンは、街の名前をニューダブリンに変えてしまうといいます。

オーストラリアのオペラハウス、ニュージーランドのスカイタワーもまた緑に染まり、聖パトリックデーを盛り上げます。

聖パトリックデー(St Patrick’s Day)の食べ物

アイリッシュフードを食べるのが聖パトリックデーの基本。アイルランド系の家庭では、この日は伝統食がずらりと並びます。羊肉のシチューにソーダブレッド、ポテトのパンケーキ、ポテトサラダ、シェパーズパイなどなど。また街のイベント会場でも、ジャケットポテトと呼ばれるベイクドポテトやソーセージが食欲を誘う香りを漂わせています。

そして、食事と一緒にいただくのがビールやエール、ウィスキー。いたるところにあるパブでは、それこそ目移りするほどの種類のお酒が並びますが、この日ばかりは、シャムロックビール! 淡い味わいのビールに緑の色をつけたものですが、聖パトリックデーの飲み物として定番化してきています。

用意するもの

シャムロックのペンダントなどが、配られています。紙やプラスチック製のシンプルなものですが、何か緑のものを身につけているのが、礼儀。つけていないとかえって目立つくらいです。

できれば、衣類の中にも何か緑色のものを選んでおきましょう。緑の山高帽子は、金貨をたんまりと貯め込んでいるという伝説の妖精がかぶっていることから、主に金銭面の幸運をもたらすといわれているので大人気。

また、小さな子どもの間では、緑を身につけていないとつねってもいいというローカルルールまであります。要注意ですね。

参加できること

何か緑色のものを身につければ、祭りそのものに参加していることになります。派手な緑になればなるほど、周囲から注目され、笑顔で握手を求められ、時にはハグされ、ハッピーな気分が盛り上がります。

また、パブでは誰もがご機嫌に緑のビールを飲んでいます。誰かが新しい飲み物を注文するたびに店中で乾杯! アルコール度の低いエールなどもあれば、ずっしりと胃にくるハードアルコールもあり、お好みで楽しめます。

一番の見どころ

緑色とはいえ、非常に伝統的なパレードが見もの。先に書いたように、奇抜さはないものの、完成度や親近感などは最高得点です。

そして、それを見ている観客たちの緑度合いもまた見ものです。フェイスペイントまで含めた全身緑のやりすぎタイプもいれば、オシャレにネクタイと帽子と靴を緑にしたジェントルマンもいます。

子どもたちが、手作りのシャムロック飾りを髪や服につけていて、かわいいのも見どころです。

まとめとして

日本では、なぜか緑でなぜかビールが飲めるイベントといった受け取られ方が強い聖パトリックデー。

世界的に見ても、聖人の祝日という感覚は若干薄れているものの、それでも、パレードには聖パトリックの人形や山車が登場し、子どもたちは幼稚園や学校で学んだ聖パトリックとシャムロックの物語を、自慢げに話し合っていたりします。

派手に緑の日を表現している緑のシカゴ川やホワイトハウスの噴水ももちろん、興味をそそりますが、やはり本場アイルランドでサムシング緑的なお祭りの中、本場のビールを飲む。これが一番のおすすめです。

スーツを脱ぎ捨て、旅をしながら稼ごう!

日本人、働きすぎです!
ほんと、気付いたほうがいいよ。今日のあなたに、日本に、仕事に、生き方に、満足なんかしていたら「必ず」後悔するよ!

おすすめ

  logonevgivb  

神崎竜馬

旅が仕事YUUMA

求人

村人ブログ

世界の人々の写真

旅人の隠れ家

石垣島ビリヤード

Family – pickup

  1. スタートから61日目スタートからの距離2025km今日の走行距離10km本日の旅…
  2. 家族四人で世界を歩いた思い出写真…
  3. 「自宅の庭にバーがあったらいいよね?玄関を開けたら素敵な空間と美味しいお酒があったら素敵だよ…
  4. 石垣島の山々や森に囲まれた大自然のド真ん中にあるLive Free村日の出とともに目を覚…
  5. 写真:papaインド15日目、コルカタINしてから電車を乗り継ぎインド旅の最終目的地…
  6. 畑仕事の後、ビーチ帰り~バケツの底穴から降り注ぐシャワーに打たれ、水に感謝、自然に感謝♪…
  7. みなさんこんにちは。Shigeです。旅をしていると色々な所にいきますが、そこで切り離…
  8. こんにちわ、最近毎日ハッピーで楽しくてたまらない、りょうです(^^♪僕は今、最高に楽しい学校…
  9. 石垣島での商売がいろいろ増えてきて事務所が必要になったけど、働く場所もどうせなら面白い方がい…
  10. ※注意!こちらの募集は「旅のビジネス」とは異なります。WEB初心者は約6ヶ月の短期集中コ…

注目記事

  1. はじめにヒッピーという言葉は、どこかで耳や目にはしていても、またなんとなくイメージすることは…
  2. ダイビング目的の海外旅行に出かける人は大勢います。旅先で体験ダイビングをする人もいるでしょう…
  3. 木梨憲武。そのフルネームよりも「とんねるずのノリさん」として知られた時代が今はまだ記憶に鮮烈かもしれ…

ピックアップ記事

  1. 2012年の世界一ビーチリゾート~ボラカイ島(Boracay)/フィリッピン2012年にアメ…
  2. 余裕いっぱいの予算と時間があれば、「世界一周」も、行き当たりばったり、地球上をあっちへ行った…
  3. はじめに海外旅行であれば、「10日間もあればどこだって行ける!」ですが、バックパッカーの場合…
  4. 必要なものの中には100円ショップで買えるものもある日本ではどの街にもあると言っても過言…
  5. ナッツの美容効果って本当にすごいんです・・・!今、日本の美食女子の中で大人気の食べ物って…

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー
PAGE TOP