コート・ダジュール マントンのレモン祭りに参加してみたら

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

有名観光地のコート・ダジュールで行われるイベントの一つ「レモン祭り」は、レモンをはじめとした地元産柑橘類で巨大なモニュメントや建物を創り出すというクリエイティブかつ素晴らしい香り漂うフェスティバルです。

毎年、異なるテーマがあげられ、それに合わせた展示が楽しみなレモン祭りの概要をご紹介します。

マントンのレモン祭り(Fête du Citron Menton)の開催会場・開催日

フランスのコート・ダジュール地域圏内にあるコミューンの一つで、フランスとイタリアの国境近くの非常に有名な観光地です。地中海に面した街は「フランスの真珠」とまで呼ばれています。

F1グランプリで有名なモナコはすぐお隣。世界中から観客が集まりあふれかえるといわれるこのF1モナコグランプリよりも、観客を集めたこともあると言われるのが、このマントンのレモン祭りなのです。

開催されるのは、2月。初日には柑橘類で作られた大小さまざまなモニュメントやオブジェ山車のパレードが街を巡ります。その後2週間程度、パレードで使用されたモニュメントやオブジェの展示が行われるほか、柑橘類や関連商品の販売もあり、目だけでなく喉や胃袋も楽しめます。

マントンのレモン祭り(Fête du Citron Menton)の歴史

もともとは春の訪れを告げる祭りとして開催されてきましたが、徐々にその地の特産物である柑橘類が主役としてその地位を確保していったようです。わかっている範囲で、現行のレモン祭りの始まりは1895年のこと。町の振興を目的とした公共団体と農家、そして販売店などによる共同開催だったそうです。

現在は、巨大オブジェや、昼にも夜にも行進するパレードを見ようと、世界中から観客が集まる祭りへと発展しました。この祭りの好感度が高い理由は、多くの柑橘系や野菜系のお祭りが、投げまくりや食べまくりに走る一方で、ここではあくまで飾って味わって香って楽しむところにあります。

マントンのレモン祭り(Fête du Citron Menton)のパレード

パレード。これこそ、マントンレモン祭りの中心となるイベントです。

昼間は、ディズニーランド並みの大きさと派手さを持つ巨大なオブジェがレモンやオレンジによってつくられ、山車となって町を練っていきます。この昼間のパレードは「金の果物パレード(CORSI DES FRUITS D’OR)」と呼ばれ、海沿いの明るい道を華やかに盛り上げます。

夜になると花火があがり、「夜の光のパレード(Corsi nocturnes)」がスタートします。こちらは昼間とはうって変わった、レベルの高い大道芸的なパレードとなります。

もともとは、マントンの人々が手に手に小さなロウソクをもって集まり、隣り合った人と、蝋燭の消し合いをしながら進み、誰が一番長く炎を保たすことができるかというゲーム感覚のお祭りでした。これが発展した現在の夜のパレードでも、やはり主役は火と光。

パレード参加者はもちろん炎を使った芸で観客を魅せ、エレクトリカルパレードよりは少し落ち着いた、でも、回数限定パレードにはもったいなさすぎる手作りの巨大山車が通っていきます。そして、観客は手にライトやロウソクを持って集まります。

自由に旅をして旅ブログを書く仕事!副業でもOK!

月収38万円~。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

マントンのレモン祭り(Fête du Citron Menton)のイベント

パレード以外のイベントというと、「光の庭園(Jardins de Lumières)」がパレードの翌日から開催されます。これは、公園内にパレードに参加したレモンとオレンジのオブジェや、この公園のために作られた建造物並みのサイズのモニュメントを展示し、入場料を払って入った人は間近で見たり香りをかいだり、写真撮影したりできるという催しです。

マントンのレモン祭り(Fête du Citron Menton)の食べ物

レモン祭りの期間中は、農家や販売店などが出店を開き、レモンやオレンジなどのほかさまざまな特産物を利用した手作り製品の販売や、制作体験なども可能です。

もう一つ、実はマントンのレモン祭りの日程は、ニースのカーニバルのそれとたいていかぶっています。そう、週末を使って両方を楽しめるのです。この二つのイベントは電車で1時間弱。十分移動可能ですね。またその移動の途中にはモナコもあるので、観光の余地はたっぷりあります。

用意するもの

マントンのレモン祭りでは、レモンの投げ合いなどは行われず、パレードを楽しみ、展示を楽しみ、ジュースや料理を楽しむものなので、レインコートや着替えなどの用意は必要ありません。地中海沿いの道は、2月でも昼間は温かく、それほどの防寒具も必要ありません。陽射しが強いので紫外線予防が必要なくらいです。

あとは、現地に長期滞在する人向けの情報になりますが、パレードで使われた一説には150トンともいわれる大量のレモンやオレンジは、祭り終了後に格安で販売されます。大きなショッピングバッグを用意しておきたいですね。

参加できること

パレードなどへの参加は原則として地元の人限定。一般人というよりは、組合さんとかメーカーさんといったグループでの参加になっています。祭りへの参加は観客として楽しむほか、ワークショップや体験プログラムへの参加が考えられます。

祭りの開催期間中には、各地でレモンやジュース、ビネガーやオイル、エッセンシャルオイルなどの販売とともに、それらを使った料理などのワークショップも開かれています。こちらは気軽に見かけたら参加してみましょう。

体験プログラムの中には、レモン農家への訪問やレモン農業体験などもあり、こちらは申し込みが必要です。ただし、詳細は現地で足を使って集めるか、毎年祭りの公式ホームページや町役場などを通じて情報を集めるしかないようです。

一番の見どころ

モニュメントやオブジェや、毎年違うテーマに沿ってつくられています。

氷で作ったり花で作ったりと、さまざまな山車や建造物が世界各地で作られますが、マントンの場合は、基本がレモンとオレンジ。そう、黄色とオレンジ色しかないのです。このツートンでいかにして表現豊かなオブジェを作り出すかが創造力の見せ所というわけ。

レモンとオレンジで作られた建物には、庭やペットの姿まで作られ絶妙に配置されていて見事です。入場料こそかかりますが、ぜひ、近くで記念撮影してきましょう。

まとめとして

マントンは世界でもっともレモンの消費が多いそうです。その消費量には、祭りで使用される分は含めません。そして、この祭りでの消費量は、街での1年分の消費量を上回るとか。すごい量ですね。

でも、このマントンのレモン祭り、汚れることもなければ、ケガの心配もありません。特別な準備も用意も必要ありません。こどもから大人まで、春のかぐわしい香りに包まれながら気楽に楽しめる、とても明るいお祭りです。なにより、「もったいない…」という気持ちに心を痛める必要がないのも日本人としては嬉しいところです。

スーツを脱ぎ捨て、旅をしながら稼ごう!

日本人、働きすぎです!
ほんと、気付いたほうがいいよ。今日のあなたに、日本に、仕事に、生き方に、満足なんかしていたら「必ず」後悔するよ!

おすすめ

  logonevgivb  

神崎竜馬

旅が仕事YUUMA

求人

live free art (芸術)

村人ブログ

世界の人々の写真

旅人の隠れ家

石垣島ビリヤード

ここ最近の旅とか遊び

  1. こんにちわリョウです(^^♪さぁ皆さんお待ちかね!!タイに引き続きミャンマーの風俗事情も調査…
  2. 音楽が地球を救う日が来るかもしれないニューヨークから東に十数キロにあるノーセーフティーエ…
  3. 屋外・風通し良し・ジャングルのド真ん中・石垣島のずっと北の方です。風の音・鳥の音・虫たちの音…
  4. ※文・パパyuuenntiniikumade ←動画yuuennti2 ←動画…
  5. ※写真:飴をあげているのがユイとアキ。カンボジアに到着して二日目、シェムリアップから…
  6. 北海道旅をしていた時に撮影したものが出てきたので~…
  7. 日本のバスは安全だ。あんなに左右確認、安全確認、安全停止をするバスは世界中どこを探したって見つか…
  8. 「自宅の庭にバーがあったらいいよね?玄関を開けたら素敵な空間と美味しいお酒があったら素敵だよ…
  9. この町では、玄関、窓、車、すべての鍵は開けっ放し、刺しっぱなし!だから僕たちもアパー…
  10. 旅に出て半年経つあたりから「旅への意識」が変わってくる。旅をしているのではなく、日常…

最近の人気記事

  1. はじめに正社員として定職につくのが簡単ではない昨今。それは学歴や成績、そしてコネさえ大きな背…
  2. サハラの星空を目指して、ちょっと長めの旅に出ます。旅を仕事に・好きを仕事に「こちらのビジネス…
  3. はじめに海外旅行は家族で行くのがごく普通でも、その旅のスタイルがバックパッカーだと家族で出発…

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー
PAGE TOP