ブラジル 6月の祭り(Festa Junina)に参加してみたら~

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

北半球が初夏に突入するころ、南半球は収穫の季節を迎えます。南半球の6月には冬至もやってきます。さらに、この6月にはキリスト教の聖人祝日が集まっています。

ブラジルでは、収穫と冬至、そして3人の聖人の祝日を一気に祝ってしまう、「6月の祭り(フェスタ・ジュニーナ)が開催されます。6月のブラジルはずっとお祭り気分なのです。

6月の祭り(Festa Junina)の開催会場・開催日

ブラジルの東北地方を中心に各地で開催されています。大きな都市よりも片田舎の村のほうが、盛大に祝う傾向があります。

開催されるのは6月。実際には、6月13日の聖アントニオの日、6月24日の聖ジョアン・バチスタ(ヨハネ)の日、6月29日の聖ペドロの日を中心としていますが、この時期、実はブラジルの収穫期にあたるうえ、南半球では冬至の時期でもあります。これらの祝うべき事柄をみんなひっくるめて6月はずっとお祝いすることになっています。

子どもたちは6月の祭り用の服装でうろうろ、大人たちも浮かれた気分で飲んで食べて歌って踊ります。特に聖人の祝日当日や週末には、あちこちでカーニバル級のイベントが開催されます。

6月の祭り(Festa Junina)の歴史

起源はヨーロッパ・ポルトガルにあるそうです。

洗礼者ヨハネ(ジョアン・バチスタ)を讃える祭りがブラジルにもたらされた時、聖ヨハネのJoaninaと6月のJuninaをいっしょくたにしてしまったという説もあります。

特に農耕が盛んな東北部では、もともとあった冬至の祭りと収穫祭に、聖ヨハネへの感謝を重ね、さらにその後あの聖人も今月だし、その聖人もだ。という具合に、お祭りの看板が増えていったそうです。

6月の祭り(Festa Junina)のパレード

ブラジルを代表するお祭りであるカーニバルに比べれば大人しいかもしれませんが、6月の祭りの間にも、華やかに着飾った人々によるパレードが行われます。

カーニバルは今では純粋に弾けて楽しむイベント化していますが、6月の祭りは、聖人を記念する祝日として、収穫祭などの意味合いがまだ残っています。その分、地方ではより大切なお祭りとして扱われることもあります。

パレードの中身は意外に質素です。カーニバルのように半裸の女性や大きな帽子の男性や、巨大な山車などは登場しません。収穫祭の名残から、人々は田舎者、それも農作業中のような恰好をして集まります。男なら麦藁帽、女は昔風のエプロン付きのワンピースといった姿。

聖人像などを担ぎ出すこともありますが、多くは、人々が集まって、フォークソングを楽しみ、フォークダンスを踊ります。

自由に旅をして旅ブログを書く仕事!副業でもOK!

月収38万~320万円。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

6月の祭り(Festa Junina)のイベント

村祭り的なノリなので、村の収穫物の展示や即売会があったり、村人によるダンスや歌のコンテストがあったりと、かなりローカルな雰囲気です。

パレードもありますが、こちらも、6月の祭りに合わせた田舎者スタイルの村人たちがゾロゾロと並んで歩いていくというもの。途中にローカルフォークソングであるフォフォーの演奏が混じり、踊りながら進んでいくシーンも見られます。

祭りの決まりもの、巨大なポップコーン製造マシーンで作られたポップコーンが振る舞われているのを見たら、子どもでなくても並んでみましょう。

6月の祭り(Festa Junina)の食べ物

収穫祭としての性質が強く残っているのが、この祭りの間に食べられるもの。それはとうもろこしです。6月はとうもろこしの収穫期の真っ最中なのです。

ゆでたり焼いたり、ポップさせたりスープにしたりと、さまざまなスタイルで食べることができます。

また、ブラジル料理に欠かせないクスクスもコーンから作られているため、あちこちで豆の煮込みや肉汁をかけたクスクス料理の匂いも漂ってきます。

用意するもの

6月の祭りに参加するなら、麦藁帽は必須アイテムです。それも、ボロっと穴をあけたりつばをホツレさせたりしたもの。新品であっても、みんなボロっちくつぶしてからかぶります。

男性は無精ひげが目印。女性は頬っぺたをほんのりと赤くチークで染めて鼻にそばかすを書き込みます。チェックや花柄のワンピースを着て、エプロンをすれば出来上がり。

参加できること

町や村のあちこちで、夜になると火がともされ、居合わせた人たちによる演奏が始まります。そのフォークソングは「フォフォー」と呼ばれるもので、アコーディオンとトライアングルと太鼓がメインのシンプルなもの。でも、これを聞くと体がウズウズとするのがブラジリアン。老若男女みんな踊りだします。

日本人でいうと、昔の盆踊りのような感覚でしょうか? 上手いとか下手とかは誰も見ていませんし、踊りの決まった型もありません。音楽に合わせて体を揺らし、近くにいる人と手をつなぎ、腰を抱いて踊るだけ。

是非参加してみましょう。

一番の見どころ

集まってくる人たちの楽し気な顔でしょうか。

6月の祭りにはカーニバルのような派手さはありません。あくまで、ローカルの人たちの楽しみのためのイベントといった雰囲気が濃いのが特徴です。

パレードに参加する人、そこここで音楽に合わせて体を揺すっている人、腰を抱き合って踊っているおじいちゃんおばあちゃん、それを見てマネをする小さな子供のカップルなど。どこを見ても、ほのぼのとしてほほえましいシーンばかり。

つんざくような音楽もなければ、目を奪われるような煌びやかさもありませんが、その分、肩の力を抜いて気楽に楽しめるはずです。

まとめとして

日本とは真逆の南半球。6月は秋も深まった頃にあたり、特にブラジルの東北部の地方では、茶色くなったコーン畑が広々と続きます。

もともとは、先住民たちが冬至や収穫を祝っていた異教徒の祭りでしたが、ヨーロッパからやってきたキリスト教徒たちが苦心のすえ、キリスト教の聖人の祝日をそこに加えて、混合型の祭りへと発展させました。

まさに、ミックスカルチャーの成功例ですね。

スーツを脱ぎ捨て、旅をしながら稼ごう!

日本人、働きすぎです!
ほんと、気付いたほうがいいよ。今日のあなたに、日本に、仕事に、生き方に、満足なんかしていたら「必ず」後悔するよ!

おすすめ

  logonevgivb  

神崎竜馬

旅が仕事YUUMA

求人

村人ブログ

世界の人々の写真

旅人の隠れ家

Family – pickup

  1. 一週間お世話になった宿のオーナーや従業員たちに挨拶をして、親切にしてくれた人たちには精一杯大…
  2. 楽しかった~♪…
  3. こんにちわリョウです(^^)前回の記事でお伝えした通り今回はヤンゴンのディスコ、EMPERORで…
  4. こんにちわリョウです(^^♪先日タイで誕生日を迎えました!なんとWeb講師からShigeと男2人…
  5. バンコク最後の夜に、ナイトスポット、タニヤ通近くのオカマバーへ。Dream Boy とかBo…
  6. スペシャルな夜でした!アーティストの皆さんに本当に感謝!ジャンベシェッションに参加させてもら…
  7. 世界三大遺跡といわれる、カンボジアのアンコールワット、インドネシアのボロブドゥール、そしてミャンマー…
  8. ※写真: TRAVELER'S NOTE スタートから31日目から34日目新潟県…
  9. 悪夢のような事件が起きて次女と旅に出て二ヶ月。17年間一番大切にしていたものを失い、その時は…

注目記事

ピックアップ記事

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー
PAGE TOP