水道水が飲めるのは15カ国だけ!海外で注意すべき水事情

世界のほとんどの国の水道水は飲むことができない

sw1

私たちは普段、水道水は飲めて当たり前のものだと思っています。最近ではミネラルウォーターやウォーターサーバーの水を日常的に飲んでいる人も多いですが、水道水も日常的に飲んでいても問題ありません。

しかし、日本のように水道水が安全なもので、飲んでも問題のない国は本当に少ないのです。水道水が飲めるかどうか不明な国もあるそうですが、一般的には大体15カ国くらいだと言われています。(11カ国や13カ国など少なく紹介しているところもあります。)

このように、ほとんどの国では水道水をそのまま飲むことができず、基本的にミネラルウォーターを買わなくてはならなかったり、自分でろ過しなくてはならなかったりします。

では、どの国なら水道水を安全に飲めるのか見てみましょう。

アトピーでステロイドを出す医者は大バカ者!アトピー完治方法と原因

アジアで水道水が飲める国

sw2

アジア諸国で水道水が安全に飲めるのは、日本とアラブ首長国連邦だけです。

アラブ首長国連邦ではWHOのガイドラインに沿っているので、水道水は安全だそうですが、国民的にはまだ安心はできていないそうです。そのため、ミネラルウォーターを買う人も多く、特に観光客にはミネラルウォーターを買うようにと勧めているそうです。

一応安全で飲めることなのは確かなのですが、やはり国民の大部分がミネラルウォーターを購入している以上、観光の際はミネラルウォーターを買った方が無難でしょう。

一方の日本はやっぱり文句なし、安心・安全な水道水です。水の浄化技術は海外でも使われるほど優秀であり、さらに漏水に対する対応も優秀です。

オセアニアで水道水が安全に飲める国

sw3

オセアニアで水道水が安全に飲める国はオーストラリアとニュージーランドです。

オーストラリアの水道水は、基本的に飲むことができます。心配なら沸騰させてから冷まして飲むとか、ミネラルウォーターを飲めばいいという感じだそうです。

ただし、オーストラリアのミネラルウォーターは高く、ジュースよりも高値で売られていることもあるそうです。

水道水を飲んでも健康被害があるわけではないようなので、オーストラリアの水道水は安心して飲んで大丈夫でしょう。

そしてニュージーランドの水道水は、地域によって品質がさまざまであり、フィルターを使うことを勧めている自治体もありますが、基本的には安全な水です。地域によってはおいしい水道水が飲める場合もあるそうです。

また、多くの地域では水道水にフッ素が入っているので、虫歯予防にもなるそうですよ。

PR広告

※投稿記事とは無関係です。

アフリカにも水道水が安全に飲める国はある!

sw4

アフリカでは、南アフリカとレソト、モザンビークの3カ国の水道水は安全だそうです。

南アフリカでは治安に問題はありますが、意外にも水道水に関してはきちんとしています。そしてレソトもモザンビークも南アフリカのすぐお隣同士、レソトに関しては南アフリカ国内にある国なので、南アフリカ同様に安心して水道水を飲むことができます。

ただしモザンビークでは、国土交通省からは水道水をそのまま飲んでも大丈夫だと言われていますが、外務省からは煮沸消毒してから飲むようにと意見が違っています。

なので、水道水をそのまま飲んでも問題はなさそうですが、心配なら煮沸消毒するかミネラルウォーターを買うかすれば良いでしょう。

水道水に関して安定しているのがヨーロッパの国々

sw5

ヨーロッパでは、フィンランド、スウェーデン、アイスランド、ドイツ、アイルランド、オーストリア、クロアチア、スロベニア、スイスの水道水は安全だそうです。(不明な国もあるので、もっと多いかもしれないそうです。)

特にアイスランドの水道水は、消毒など手を加えておらず天然の水が水道から流れ出てきます。アイスランドの水は世界で最も綺麗な水、おいしい水と言われており、水道水そのものが天然水ですから、ミネラルウォーターを購入する人はほとんどいません。

アイスランドの水道水は、アイスランドのどの料理よりもおいしいと答える人もいくほどだそうです。

そして、オーストリアの水道水はほとんどがアルプスの湧き水です。アルプスの水っておいしいと有名な水ですし、オーストリアは衛生管理がきちんとできている国なので、水道水を飲んでも問題ありません。

しかし、ヨーロッパの国の水道水の多くは硬水だそうです。硬水は日本人にとって飲みにくいと思う部分もあり、また、胃の弱い人はお腹を下してしまうこともあります。

硬水が体質的に合わない人は、ミネラルウォーターで軟水を購入することがおすすめです。

世界と日本の水事情~21世紀、新しい水不足の時代へ

実は他にも水道水が飲める国はあるらしい・・・

実は、他にもカナダやアメリカ、スペイン、イギリス、デンマーク、フランス、オランダ、ベルギー、シンガポールなども水道水は飲めると言われています。

水道水が安全に飲める国、飲めない国には諸説ありますが、やはり面積が広い国は、水道のインフラ整備もその分大変で、地域によって偏りがあるようです。

中には都市部のみのデータしかわからない国もあるそうです。なので、心配な人は本当に水道水が安全だと言われている国の水道水だけを飲み、それ以外の国では水道水はなるべく飲まずに、お店で売っているミネラルウォーターを買いましょう。

もしくは、できる環境があるのなら、水道水を煮沸消毒してください。

また、体質によってその国に住んでいる人は飲んでも問題ないが、日本人が飲むとお腹を下すということもあるそうです。また、同じ国の人でも例えば、ニューヨークの人がラスベガスで水道水を飲むと下痢なるという感じで、地域によってはお腹を下すこともあるそうです。

水道水を飲めない国が多い理由は?

まず、水道の水を安全なものにして提供するということを徹底して、インフラを整備するよりも、安全な水をペットボトルなどの容器に入れて販売したほうが、コストがかからないと言われています。

そのため、水道自体はどの家にもあっても、浄水レベルが低いので安全ではないという国が多いのです。

また、国によっては、井戸水を毎回汲んで飲んでいたりと水道自体が通っていないという理由もあります。

他にも、浄水レベルも問題はないが、日本人が飲むと危険だからという理由もあるそうです。

水道水を飲めない国ではどうしたら良いのか?

sw6

水道水を安全に飲めない国では、やはりミネラルウォーターもしくは、水道水をきちんとろ過し消毒した綺麗な水を購入することがおすすめです。ただし、中にはこのような販売されている水ですら安全ではない国もあるそうなので、発展途上国などちょっと水事情が心配な国を訪れる際は、しっかりと下調べしておいたほうがよさそうです。

もしくは、できる環境があったり、そのような器具を持っているのなら、自分でろ過して消毒するのが良いでしょう。

ただし、綺麗な水は国によって値段にかなり差があります。安く購入できる国の代表としてはタイです。タイはスーパーで500mlのペットボトルの水を20円で販売しています。

一方、高いのはオーストラリアで500mlのペットボトルの水がスーパーで300円程度で販売されているそうです。この値段、コーラよりも高いそうですよ。

水道水を飲んだことでお腹を下してしまったり、調子が悪くなってしまったら、せっかくの旅も満喫できません。日頃安全な水ばかりを飲んでいる日本人は他の国の人よりも、体調を崩しやすいかもしれません。

人間の身体はほとんどが水でできていますので、水って体づくりにはとっても重要なものなのです。生きていく上では必要不可欠な水ですから、水道水の浄水レベルが低い国では、水道水ではなく、必ず販売されている綺麗な水を飲んでおいたほうが良いでしょう。

安全な水を飲むということも、旅を快適に満喫するためには必要なことなのです。

旅の様子

画像をクリックするとコンテンツが閲覧できます。

手作りキャンピングカー日本一周

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

世界の人々の写真

旅が仕事YUUMA

石垣島での活動

石垣島では数々の音楽&アートイベントを主催してきました。ノマド発信の拠点となります。
 
旅人の隠れ家

村人ブログ

アート&研究

私たちノマドが見えている世界観をアートや研究によって創造し発信しています。
 
live free art (芸術)

神崎竜馬

意識世界の研究

旅人の歌

ヴィーガンの村

アミ小さな宇宙人

バンライフインスタ

ここ最近の旅とか遊び

  1. 悪夢のような事件が起きて次女と旅に出て二ヶ月。17年間一番大切にしていたものを失い、その時は…
  2. 私たちの旅写真をコラージュしてみました♪家族と、大切な旅仲間との思い出写真2012年…
  3. キャンドルアーティスト ゴンちゃん!星とキャンドルが調和しました! …
  4. 沖縄本島ショート旅。期間は短くても、内容の濃い二週間でした。楽しかった~…
  5. 北海道旅をしていた時に撮影したものが出てきたので~…
  6. 石垣島での商売がいろいろ増えてきて事務所が必要になったけど、働く場所もどうせなら面白い方がい…
  7. ※写真:当サイトスタートから39日目~43日目福井駅から琵琶…
  8. サーファーズパラダイス・ニンビン・ゴールドコースト・バイロンベイバックパックを置いて、シティ…
  9. 北上チームの僕らは、バガンを夜行列車で目指すも、3時間乗らずにうっかり途中下車。真っ暗闇のホ…

pickup 情報

  1. 日本にもいくつもの美しい花畑があり、デートやレジャー、観光など、花畑を目的にその地域を訪れる…
  2. 「和を以って貴しとなす」を根底テーマに、「be 美(美しくあること)」を活動指針とするNPO法人「美…
  3. はじめにヒッピーという言葉は、どこかで耳や目にはしていても、またなんとなくイメージすることは…
PAGE TOP