「海外の仕事」外国でペットシッター・ペット関連職をしながら旅暮らし

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

日本ではすっかりおなじみになりました。留守がちな飼い主のかわりに、ペットの世話全般を引き受けるペットシッターという職業。もちろん、海外にもあります。ただ、その範囲はもう少し広く深い場合も。

ペットの生活の場に入り込んで世話をする時もあれば、ペットを預かって世話をする時もあります。いろいろな形で携わるペット関連職の海外事情をご紹介します。

普通のペットシッターとしてアルバイト

日本と同様。仕事帰りの時間が不定期な家庭のペットの散歩や食事のお世話を担うペットシッター。多頭飼いのペットの運動を引き受けるペットシッター。ペットの毛だらけ、排せつ物だらけになった、自宅ペットルームの清掃も時にはペットシッターの仕事です。

ペットシッターの仕事の範囲は広く深いもの。その内容によって、責任の重さも給料の良さも変わってきます。

獣医・ペット看護師・トリマーなど、ペット関連の資格や経歴を持っているかどうかでも、できる仕事の範囲が変わってきます。何の資格も経験もないなら、いくら動物好きであっても、頼まれるのは犬の散歩程度でしょう。それも大型犬や特殊な性質を持つ犬などではなく、一般的なペット犬。そうでなければ、実際のところ扱いきれませんね。

次に、多少の経験者であれば、「この子はちょっと難しい子で…」という、普通のペットシッターだとしり込みするか、面倒くさいルールを決められることを嫌って断るタイプの仕事も受けられます。これ、若干ですが給料が高くなります。

さらに、人としての信用保証があれば、留守宅の鍵を預かって、室内での留守番や簡単な清掃やトリミング、食餌の世話などを請け負うことができます。これは責任が重くなります。万一、紛失物や破損物があると、弁償しなければなりません。いくら料金設定がよくても、保険加入しているペットシッター協会などからの派遣でないと不安があります。

もっと高額。その分危険? な特殊ペットシッター

中には、ペットシッターでこんなに高額の給料をもらえるなんて!? と思うような好条件の仕事もあります。でも、美味しい汁には理由があるものです。

「大型猫」という名目でペットシッターの募集があって、行ってみたらそれは「虎」だったという嘘のような本当の話もあります。

いくら、オーナーが「この子は猫みたいにおとなしい」といったところで、虎は虎。ただの動物好きのアルバイトペットシッターには荷が重すぎます。

また、毒はないからとニシキヘビとの同室留守番を頼まれたという話も聞いたことがあります。これは、人によっては受け入れ可能な範囲かもしれませんが、ニシキヘビのサイズによっては、毒ではなく、その体だけで十分人を殺傷できてしまいます。「寂しがり屋のヘビちゃん」であっても、室内同居飼いの場合は要注意ですね。

または、映画の世界のように、ペットの猫に数億レベルの宝石をまとわせている場合のペットシッター。これ、異常に緊張させられます。ペットの命はもちろん、その首輪や衣装に傷がつけば、給料どころか、一生ただ働きしても返せない損害になってしまいかねません。

また、この手の職の特徴として、最初に詳細を明かさないこと、給料が格段良いこと、急な依頼で下調べや考慮する時間を与えてもらえないことなどがあります。さらに、特殊なペットシッターには保険がきかないことも多いため、美味しい話には十分注意しましょう。

ペットシッターの斡旋業者になる

ペットを飼っていても、24時間体制でペットの世話ができる飼い主はあまりいません。学校がある、仕事がある、デートにも旅行にも行きたい。時には、病気になることもあるでしょう。

このように、ペットの世話を誰かに頼みたいと思っている人は大勢います。需要はたんまりとあるのです。

そこで、自分がペットシッターに出かけていくだけでなく、ペットシッターを斡旋する側になってみるのもいいでしょう。

最近は需要と供給を結ぶサービスがネットのSNSなどと組み合わさって、非常に便利に活用できるようになっています。

ウーバーの運転手付き車の配車サービスや、ハンディマンの斡旋などと同様に、ペットシッターに特化したサービスを展開するわけです。

このサービス、実は一部の地域ではすでにありますが、まだ成長しきっていないので、参入の余地はあります。

依頼者側の思う「ウチの子のことをわかってくれる人」を集めて時には教育し、派遣側には、情報提供や保険などのサービスを加えることで、中間マージン、または広告料収入を得る斡旋業者になれるかも。

社会を捨て私たちと共に「旅人」になりませんか?

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

ペットを預かって世話をするペットホテルやペトステイを経営する

ペットを、その住居へと出かけていってお世話するだけでなく、一定の場所に預かって世話をするサービスもあります。日本ではペットホテルと呼んでいるサービスです。

これ、海外だと一般家庭がペットステイとして行うことがあります。ある程度の広さがあり、住人の数が1,2人と多すぎないことなど、預かる側であるペットステイにはいくつか必要条件があります。

また、預ける側も、予防注射の接種はもちろん、トイレのしつけができていることや、ある程度の社会性があることなどが条件とされることがあります。

ペットステイは、複数の預かりペットがその家のペットや家族と一緒に生活するスタイルをとります。そのための安全基準というわけ。

ペットステイのいいところは、ペットホテルのように特別な施設を用意する必要がないところ。自宅でできるので、自分自身が家を留守する必要がないところにあります。

多くの場合、ペットたちも、檻やゲージにいれられることの多いペットホテルよりも、リラックスして過ごせることが多いと好評です。

猛獣専門ペットシッターもある!

先に、猫と偽って虎やライオンの世話係を任される例があるとかきましたが、最初から猛獣専門をうたうペットシッターも海外にはあります。それだけ、猛獣を飼っている人が多いということでしょうか。

虎やライオンの仲間に加え、ジャガー、猿、熊、蛇など、動物園も顔負けの面々がペットとして豪華な部屋を所有している豪邸があります。

そんな場所では、専門の世話係が普通はいますが、よく慣れてペット化している場合には、オーナーが面倒を見ている場合もあります。これがこの猛獣ペットシッターのお客様。

世話係を雇っていれば、それは普通業者を通しているので、いざとなれば変わりの人を派遣してくれます。でも、オーナーのかわりはそう簡単に見つかりません。そこで、猛獣だって大丈夫というペットシッターの出番になります。

もちろん、給料は破格。ただし、サーカスや動物園などでの経歴が最低でも必要になります。もちろん、動物好きなだけでなく、勇気もたっぷり必要でしょう。

まとめとして

命知らずな猛獣ペットシッターはともかく、ごく普通のペットたちのお世話係は、どの国へいっても需要があります。

動物好きで、ある程度世話をした経験があれば、ペット犬や猫の世話くらいはできそうですね。あとは人間性の問題で、ペットのオーナーに気に入ってもらえれば、リピートもしてもらえて、定期的な収入に結びつく可能性もあるでしょう。

ある程度一カ所に定住していないと勤められない職業ですが、長期滞在型のノマドの仕事としては、これもおすすめの一つといえます。

社会を捨て私たちと共に「旅人」になりませんか?

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

旅の様子

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

手作りキャンピングカー日本一周

世界の人々の写真

旅が仕事YUUMA

石垣島での活動

旅人の隠れ家

村人ブログ

求人

創造アート&日常&研究

live free art (芸術)

神崎竜馬

意識世界の研究

旅人の歌

ヴィーガンの村

ここ最近の旅とか遊び

  1. アミーゴ俺はこの町から一歩も出た事がない外の世界はどうだ?輝いている…
  2. 「自宅の庭にバーがあったらいいよね?玄関を開けたら素敵な空間と美味しいお酒があったら素敵だよ…
  3. みなさん…こんにちは…。Shigeで…す。今回僕たちは、本日限定で開催されるロック・…
  4. みんなありがとう!そして、さよなら BAR LIVE FREE家族だけで、手作りで作…
  5. サーファーズパラダイス・ニンビン・ゴールドコースト・バイロンベイバックパックを置いて、シティ…
  6. やっと完成しました♪製作費:廃材を使いお金をほとんど使っていません♪ 制作期間:3か月 メイ…
  7. 沖縄本島ショート旅。期間は短くても、内容の濃い二週間でした。楽しかった~…
  8. ※写真:当サイトスタートから44日目~47日目琵琶湖志賀駅から京都駅スタート…
  9. キャンドルアーティスト ゴンちゃんと live free の共演!星とキャンドルが調…
  10. 屋外・風通し良し・ジャングルのド真ん中・石垣島のずっと北の方です。風の音・鳥の音・虫たちの音…

pickup 情報

  1. 写真はハートで撮るんだ! カメラでもなく、腕でもなく、被写体でもなく、一番に必要なのはハート。…
  2. ※特に外国人や女性は身ぐるみをはがれたり、暴行を受けたり、レイプされたりといった例も多数報告されてい…
  3. クジラの死骸から発見された、40kg相当のプラスチックゴミ。これが何を意味するか、誰の目にも明らかで…
PAGE TOP