バンコク、パッポン通りとタニヤ通り周辺のボーイズバー(ニューハーフ)に子連れで行ってみた・・・

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

バンコク最後の夜に、ナイトスポット、タニヤ通近くのオカマバーへ。

Dream Boy とかBoy Massageの看板が立ち並び、愉快なキャッチの人がたくさん。

ネオンが光り輝く中、この道を一歩でも入ったらもう後戻りできない威圧的な雰囲気。

不思議な空間に迷い込んでしまった。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

見ての通り、こんな感じ。この写真は映りは良くないかも。この店はほとんどがカンボジア人で、ベトナム人もいた。

店の案内人やキャッチの人は見た目はビシッとしたスーツ姿なのにしぐさはニューハーフそのもの。

キャッチのお兄さん?いや、心は女の子に「ようこそ~♪」って肩を触られながら手にキスされながらなんか変な冷や汗かきながら。

日常とはずいぶんかけ離れた場所に来てしまった…しかも子連れで。

自分はなぜ、ここに来てしまったんだろう。。。と、少し後悔。

「18歳未満はだめなの~♪」って言われたけど、年をごまかし、12歳の長女と私がまずお店に入る。

主人と次女は向かいのBarで待っている。

店に入った瞬間、ボーイズたちがなぜか?ステージの上に立っていて、まもなく席に案内され、

みんな一斉にこっちを見てやたらとウインクしてきたり、「俺、どう?」的な感じでアピールしてきてるけど

いったいどうしていいか分からない。

オドオドしてたら、「誰か選んで~♪」と言われ、言われるがまま2人を選び、みんなの分の飲み物を頼み、

「私ものど乾いちゃった~♪」と案内人が言うのでその人の分も頼んであげたはいいけど、

6杯分のドリンク代や2人分の指名料?も幾らかもわからないのに頼んでしまい、莫大なお金をとられてしまうのか不安なまま、ショーが始まった。

ポールダンスでもしてチップをTバックに挟むやつかな?

と、思っていた矢先、何故かステージ上のみんなが脱ぎ始めた!!!

というか、初めからTバックしか穿いていない。

この時、子供が入場禁止の理由がやっと分かった。長女にはだいぶ早すぎた…

「日本では絶対に見られないショーが観れたね。」と話し、長女はすぐ退場。

ボーイズたちに、「あなたは男が好きなの?」と、聞くと、女の子だと言い、手をぎゅっと繋がれた。

きっと私が男の子目当てでこの店に来たんだと思ったらしい。

主人以外の人がこんなにくっついて隣に座ることがないから、ちょっと浮気してるような気分。

でも、手を握られて外すタイミングが分からず、上の写真の冊子を渡したら手を放してくれた。

 

そして私と主人は交代した。わゎぁーーー、もうめちゃくちゃ緊張して足が震えてた。何とも言えぬ罪悪感も残り、

主人も、日本のオカマバーを想像していただけに、あまりの過激さに言葉がでない。

こんなショー、見たことなかったって!!!

そして「この子、お持ち帰りしない?」って声をかけられたみたい(笑)

この彼、男が好きなんだそう。ナイスガイなのにね…

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

長女との2ショットよりも、パパが抱きついた時の方がなんとなく嬉しそう?

嬉しかったのかな?うちの人はゲイではないよ!酔っぱらってるだけ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あまりにも衝撃的過ぎてなかなか寝れなかった。

日本のオカマバーとどんな違いがあるのか知りたくなった夜でした。

 

※ドリンク代込みで3500B。その他チップで600Bほど。

求人情報

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人を募集しています。

おすすめおすすめ

旅の様子

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

手作りキャンピングカー日本一周

世界の人々の写真

旅が仕事YUUMA

石垣島での活動

旅人の隠れ家

村人ブログ

求人

創造アート&日常&研究

live free art (芸術)

神崎竜馬

意識世界の研究

旅人の歌

ヴィーガンの村

バンライフインスタ

ここ最近の旅とか遊び

  1. ※文、パパ※写真:AYA僕は少年の頃からの夢を実現して、今アジア一美しい車窓…
  2. 世界三大遺跡といわれる、カンボジアのアンコールワット、インドネシアのボロブドゥール、そしてミャンマー…
  3. まさかのLIVE FREE キッチン全焼。ケガ人が出なかったから笑い事。でも…
  4. 「ン”モ"ォオォォー」その声は茂みの向こうからやって来た…。みなさんはじめまして!Shi…
  5. 「自宅の庭にバーがあったらいいよね?玄関を開けたら素敵な空間と美味しいお酒があったら素敵だよ…
  6. 都会の人たちはやっぱり急いでる。だから、早々にヤンゴンを離れ、北上した。今まで7人で動いてい…
  7. 16歳のアキちゃ…
  8. みなさんこんにちは!Shigeです!人生一寸先は闇と言いますが、まさかいきなり命の危険を…
  9. この町では、玄関、窓、車、すべての鍵は開けっ放し、刺しっぱなし!だから僕たちもアパー…
  10. 第二期スタッフと海とBBQと各々の思い出…

pickup 情報

  1. はじめにバックパッカーというと着たきり雀でみすぼらしく汚いイメージがこびりついているようです…
  2. バックパッカーの旅では飛行機は必要不可欠ですよね。そんな飛行機移動をしていると、時々着陸する…
  3. はじめにタイの正月「ソンクラーン」は水でお祝いします。ソンクラーンは、大量の水をこれ…
PAGE TOP