フランスニースのおすすめ観光名所5選+遊び方

一流リゾート地ニース

src_10839079フランスニースという街を知っていますか?ニースは南フランス、フランスの東端の方にある街です。ニースは海沿いの綺麗なビーチが有名な街で、リゾート地として非常に人気が高いです。フランス国内からはもちろん、世界中からニースでバカンスを過ごす人が集まってきます。南フランス、ニースでのんびりとバカンスを過ごすことを憧れにしている人も少なくないのではないでしょうか。

今回はそんなニースのおすすめ観光名所を5つご紹介します。ニースにはリゾートバカンス必須のきれいなビーチはもちろん、美術館や教会、旧市街などフランスらしい観光地もあります。そして高級ブランドや、おしゃれなファションショップ、ブティック、雑貨屋さんなどが並ぶショッピング街もあります。ニースはそこに訪れた誰もを満足させることができるのではないでしょうか。ぜひ自分の興味に合わせて気になったところを訪れてみてくださいね。

南フランスにはニース以外にもたくさんのリゾート地があります。今回の記事を読んでニースや南フランスに興味をもった方はぜひ他のリゾート地についてもチェックしてみてください。ニースから近く1日だけでも十分に満喫できるところもあります。ぜひ南フランス、ニースで理想のバカンスを過ごしてくださいね。

1.ビーチ

plage_niceニースのビーチはニース観光では絶対に外せない場所です。ニース駅からどんどん南下していき、ショッピング街や、ホテル街などを通り抜けた先にニースのビーチは広がっています。海沿いはリゾートの雰囲気満点で、海をみながら黄昏るもよし、海の見えるカフェでコーヒーを飲むもよしです。ビーチに沿ってある遊歩道をゆったり散歩したり、ランニングをしたりするのも人気があります。

ニースのビーチの特徴といえば、普段私たちがイメージする砂浜のイメージとは違って、小石がごろごろしている石の浜辺であるというところです。イメージと違う!と感じる方もいるかもしれませんが心配はいりません。石の浜辺だと海に入って遊んでも、浜辺でくつろいでいても砂が水着や持ち物について困るといったことはありません。汚れも気にせずに楽しめるので、むしろ好条件だと言えるでしょう。なかなか小石の砂浜を楽しめることもないと思うので、ぜひニースのビーチを満喫してくださいね。

2.ニース旧市街

074dc75aニースの観光地としておすすめなのは、フランスらしい歴史溢れる旧市街です。フランスに来たからには昔ながらの街並みや歴史ある雰囲気も楽しみたいものでしょう。そんな方も心配はいりません。ニースには向かしながらの街並みが綺麗に残されている旧市街があります。ニースの旧市街はビーチから程近くにあります。旧市街はフランスらしく小さな細い裏道があったり、かわいらしい雰囲気の建物が並んでいたりします。

ニースの旧市街にはかわいいお土産物や雑貨が買えるお店がたくさん並んでいたり、こじんまりとしたおいしい地元料理が食べられるレストランもあります。心の向くままに旧市街を歩き回ってみて、お気に入りのお店を探してみてください。ガイドブックやインターネットで探すだけでなく、自分で歩いて見つけたお店はきっとお気に入りになるはずです。また、ニースの旧市街は大きすぎず、十分に歩いて回れるほどの大きさなので、街歩きにはぴったりです。ぜひニースに訪れた際には、チェックしてみてください。

このサイトを運営している家族

貯金30万円、財産すべてをザックに詰め込み、7歳と9歳の娘たちを連れて地球放浪の旅に出たのが10年前。今になっても着地できず、旅は年々刺激と学びが増すばかり。

私たちの「超刺激的な旅ブログ」を読む👇
https://yuuma7.com/blog/

大麻など覚醒植物の研究と意識世界の旅

覚醒経験(かくせい)は人生に大きな学びを与えてくれるでしょう。「意識世界の旅」に出かけてみませんか?

草・意識世界の研究・ブレンドハーブ通販はコチラ👇
https://yuuma7.com/kusa/

3.城壁

p1080297ニースの城壁は、現在ではニースの城壁公園として観光客にも市民にも愛されています。ニースのビーチの端に位置している丘の上に城壁は築かれているので、城壁のある丘へ登ると、ニースの海と街並みを一望することができます。写真で見るようなニースの絶景を自分の目で見られる貴重な場所なので、ぜひ訪れてみてください。青い海と綺麗な海岸線、ニース旧市街の赤い屋根、そして緑あふれる自然をすべて満喫することができます。

城壁公園へは、海岸通りの突き当りにある階段から登ることが可能です。混雑しているときは少し並ぶ可能性もありますが、無料のエレベーターもあります。階段を登るのは疲れてしまうので嫌だけど、絶景は見たい!という欲張りな方もここでは満足できちゃいますね。

4.マセマ広場

pb113100マセマ広場はニースの中心的存在の広場です。ニース観光の中心地にもなっています。旧市街と新市街の丁度間の地点になっています。そしていくつもの大通りが交わり、観光はもちろん、ニース市民にとっても中心的な役割を果たす場所になっています。また、海岸通りのプロムナード・デ・ザングレからも近く、ビーチからも訪れやすいです。

このマセマ広場、特徴的な銅像などの美術作品で飾られていることで有名です。高い台座の上に座るいくつもの像はなんとも不思議な雰囲気を醸し出しています。夜になるとカラフルにライトアップされ、また昼間とは違った雰囲気を感じられます。またすぐ近くに巨大な噴水もあり、そちらもぜひ見ていただきたいです。地面と同じ高さで噴水が埋め込まれているので、水が鏡張りのようになり、綺麗な景色を見ることができます。水面に自分の姿が映ったような写真を撮ることもできるので、写真スポットとしても人気です。

5.シャガール美術館

100514_nie03最後にご紹介するのは、著名な芸術家、シャガールの美術作品を展示した美術館、国立マルク・シャガール美術館です。正式名称は「国立マルク・シャガール聖書の言葉美術館」といいます。このシャガール美術館の展示の目玉はシャガールの旧約聖書を題材にした大作です。シャガールらしい多様な色彩の絵画はもちろん、彫刻や音楽室のステンドグラスなどの作品も楽しめる美術館です。

ニース観光の中心となるビーチや旧市街からは少し離れてしまいますが、ニースの人々の生活を感じながらゆっくりと歩いていくのもおすすめです。美術館自体は小高い丘の上にあるので暑い日には少し苦労しますが、たどり着いた先で見れる美術作品の感動はその疲れをも吹っ飛ばすほどです。

美術館に展示されているシャガールの作品がすばらしいことはもちろん、美術館の建物や周囲の雰囲気もすばらしいです。美術館の中庭にはゆっくりとくつろげるカフェや芝生があるので、それらを楽しみに行くのも良いでしょう。ニースに訪れた際にはぜひ訪れてほしい美術館です。

特別なリゾートを満喫しよう

1280x800nice1今回は南フランスの一流リゾート地、ニースのおすすめ観光名所を5つご紹介しました。いかがでしたか?ニースというと、海とビーチのイメージしかなかったかもしれないですが、それ以外にも見どころがたくさんあるのを分かっていただけたのではないでしょうか。ニースに漠然と憧れを持っていた人もこの記事を読んでより具体的にニースをイメージできるようになったのではないでしょうか。

今までリゾート地やニースにそこまで関心がなかった方も、この記事で楽しみ方は様々あると分かっていただけたのではないでしょうか。ぜひ関心をもったら、次の夏のバカンスに訪れてみてください。きっと最高のバカンスを過ごせるはずです。

旅の様子

画像をクリックするとコンテンツが閲覧できます。
 

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

手作りキャンピングカー日本一周

世界の人々の写真

旅が仕事YUUMA

石垣島での活動

石垣島では数々の音楽&アートイベントを主催してきました。ノマド発信の拠点となります。
 

旅人の隠れ家

村人ブログ

アート&研究

私たちノマドが見えている世界観をアートや研究によって創造し発信しています。
 

live free art (芸術)

神崎竜馬

意識世界の研究

旅人の歌

ヴィーガンの村

アミ小さな宇宙人

バンライフインスタ

ここ最近の旅とか遊び

  1. デザインがアートすぎる手作りキャンピングカー
    type2完成!~旅をして、さらに改良し使いやすく、おしゃれになりました!自作キャンピングカー旅…
  2. コルカタで撮れたちょっといい写真。家族写真も思い出に少しだけ。 …
  3. 北海道旅をしていた時に撮影したものが出てきたので~…
  4. ※写真:当サイトスタートから31日目から34日目新潟県から富山県スタートから…
  5. 私たちの「動くおうちは」とても目立つらしく、毎日必ず数人には声をかけられます。出会いがなけれ…
  6. 旅がないと何も始まらない、旅がないと何も進まない旅を止めている時は、何も成長しない、時が止ま…
  7. 2025km、61日間の思い出写真…
  8. やっぱり南という事で、徳之島を目指して南下。徳之島は日本でも数少ない「軍事基地の無い島」だから引き寄…
  9. 旅人は「今」自然の中を旅しています。四万十川の上流に流されてきた私たちの生活は、世界がどう変…
  10. この町では、玄関、窓、車、すべての鍵は開けっ放し、刺しっぱなし!だから僕たちもアパー…

pickup 情報

  1. この記事はダイアルアップ接続時代からパソコン一つで稼ぎ続け、4つの法人を経営し、8つのビジネ…
  2. 木梨憲武。そのフルネームよりも「とんねるずのノリさん」として知られた時代が今はまだ記憶に鮮烈かもしれ…
  3. 見るより、今年は参加したい! 「リオのカーニバル」/ブラジル・リオデジャネイロ「元祖」ではな…
PAGE TOP