子連れバックパッカーが大変な理由。費用、安全、持ち物とか

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

3015371536

僕らは子連れで西回り世界一周から始まり、バックパッカーでネットの仕事をしながら2012/5からずっと世界を旅しています。もう8年になります。

カップルや夫婦、一人バックパッカーの情報は沢山ありますが、子連れってのはあまりないようなので、子連れの大変さ、お金や安全面、また子連れだからこそ楽しめる事なんかをまとめてみようと思います。

学校

賛否両論あると思いますが、僕らは義務教育を放棄しているわけではありません。日本に帰国したとき、数カ月でも学校に通わせるようにしています。

また旅の間も教科書を持たせ毎日勉強を教えています。

勉強ができない僕ら夫婦が子供たちに勉強を教えるという事はとても大変な事なのです。

もちろん、先生は僕らだけではありません。他国で出会った人々も時に先生になります。

安全

とにかく子供から目を離せない。旅に出たころは小2と小5、下の子はずっと手をつないでいないといけないし、アジア諸国の犬たちも子供が大好き?だから狂犬病とかの事を考えると、ものすごく気を使います。

逆に子供がいると気のゆるみが常にないので、危険な事に巻き込まれることは少ないかもしれません。また各国のヤンキーたちも、どちらかというと子連れよりも一人旅を狙う傾向がありますね。

そう考えると、子供がいるからこそ安全に旅ができているのかもしれません。

ただ、毎日ものすごく気を張っているので、疲れることは間違いないです。

また、荷物も子供たちは自分たちの物すべてを持つことが出来ないので、大人が負担することになります。すべて持たせることもできますが、身ごなしと安全に歩ける事を優先すると、大人が負担するしかありません。

やはり他のバックパッカーよりも明らかに荷物は多くなりますので疲れます。特に一年分の教科書は重い!

それでも子供たちと旅に行く理由

IMG_3508

トラブルや大変な事が多い分思い出が多い。

結局旅の思い出ってトラブった時の事のほうがよく覚えているもの。何かにつまずいた時やうまくいかなかったときの思い出のほうが断然記憶に残るよね。

子連れっていうのはある意味挑戦なんだと思う。そうそう気楽に行けるもんじゃないし、いろいろな覚悟を決めて旅に行くから、そのぶん旅を本気で楽しもうと思える。

そしてなによりも、子供の成長が半端ない!その成長を旅をしながら毎日まじかで見ている事の幸せといったら、この上ないでしょ。

求人情報

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人を募集しています。

おすすめおすすめ

肝心のお金

やっぱりお金が大変です。子連れだからこそ削れない部分もあり、一人バックパッカーよりかかるお金は多い。さらに僕らは子供二人なので単純に×4倍のお金がかかります。

飛行機代

飛行機も4人分の費用がかかります。

特に片道チケットで国をまたぐときなんかはヒヤヒヤもんです。失敗は許されません。失敗すればうん十万円のリスクがありますから。

一度タイから片道でトルコに入ろうとした時、運悪く飛行機に乗る前に拒否されたことがありました。

近隣国ではなく、日本への帰国チケットを用意しろと言うのです。帰国チケットは安いのを探しても当時4.5万円。単純に4人分で18万円。

これを買わないと乗せないというのです。すでに買ってしまったチケットを破棄してリベンジしても、また乗れない可能性があるので、仕方なく買いました。

後々聞いた情報では正規のチケットを買って破棄するという方法もあるようでしたが、正規のチケットは10うん万円。×4で50万円近くします。さすがに返金できると言われても勇気が出ないよね。

ちなみに南米に飛ぶときは、失敗=30万円以上という単位なので、どれだけ念入りに計画を立てたか想像できると思います。

宿代

High_Desert_Motel,_Joshua_Tree

※写真:モーテル

※写真:ゲストハウス

宿に関しても子連れだとうまくいかないことが多い。まずドミトリーは無理。何故かというと、ドミトリーはベット一台分の金額だから、×4倍にすると、結局普通の中級ホテルを借りたほうが安くなる。

またアメリカのモーテルを除く一般的な安宿はツインベットまでが基本なので、4人は無理と断られることが多い。そこを何とか!とお願いしても大抵無理。

ファミリールームがある宿を探すのは至難の業で、結局電話での予約時に2人+小さな子供1人と嘘をつき、現地でさんざんモメて勝たなければならない。

「いや、そうはいっても、子供はもう疲れているし、今から他の宿を探せというのは人間的にどうなの?」って感じで交渉する。毎回。

ちなみにゲストハウスは世界中にあるし安くて出会いもあって楽しい、だけど家族4人は相変わらず交渉が難しかったりするし、たいてい4人だと狭い。

子供ももう上の子は中学2年生。下の子は小学校5年生。そろそろこの交渉にも限界だと思い始めています。(当時)

移動費

飛行機以外の移動ももちろん×4倍。ただ大抵子供料金を払わないで行けることが多い。日本人はとくに童顔なので、子供たちも幼児に見えることがあるのか、得することは多いです。ちなみに嫁も童顔なので子供料金で済む場合が多いです。

求人情報

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人を募集しています。

おすすめおすすめ

旅の様子

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

手作りキャンピングカー日本一周

世界の人々の写真

旅が仕事YUUMA

石垣島での活動

旅人の隠れ家

村人ブログ

求人

創造アート&日常&研究

live free art (芸術)

神崎竜馬

意識世界の研究

旅人の歌

ヴィーガンの村

バンライフインスタ

ここ最近の旅とか遊び

  1. 第二期スタッフと海とBBQと各々の思い出…
  2. お世話になった町の人たちに挨拶をして、親切にしてくれた人たちには精一杯大きな声で”ありがとう…
  3. 拠点石垣島 波照間島 大阪 横浜 ちょい昔の沖縄みんなでペンキ塗り みんなでジブリ風…
  4. 畑仕事の後、ビーチ帰り~バケツの底穴から降り注ぐシャワーに打たれ、水に感謝、自然に感謝♪…
  5. バンコク最後の夜に、ナイトスポット、タニヤ通近くのオカマバーへ。Dream Boy とかBo…
  6. このコンテンツは、2010年2月に名古屋国際センターで開催された講演内容を編集した文書です。コロナが…
  7. 北海道旅をしていた時に撮影したものが出てきたので~…
  8. 霧島に導かれた僕らは、この地の神秘に魅せられ、あれこれと学んでいるうちに、ひと月も過ぎてしまった。そ…
  9. 石垣島での商売がいろいろ増えてきて事務所が必要になったけど、働く場所もどうせなら面白い方がい…
  10. ニューヨークから東に十数キロにあるノーセーフティーエリア。ブロードウェイジャンクショ…

pickup 情報

  1. 世界遺産の火祭り「ラス・ファリャス」(Las Fallas de San Jose)/スペイン・…
  2. この記事はダイアルアップ接続時代からパソコン一つで稼ぎ続け、4つの法人を経営し、8つのビジネ…
  3. ヨーロッパは大きく分けて、ノルウェー、スウェーデンなどの北欧、イギリス、フランスなどの西欧、…
PAGE TOP