旅先での出会い~少数民族 Amish(アーミッシュ)の暮らしを体験!

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

アメリカには、先住民族とも呼ばれる少数民族が多く存在しています。その中でアーミッシュは異色中の異色。

彼らはアメリカ大陸発見後に移住してきたドイツ人の末裔。ただし、急速に発展したアメリカ文明とは相いれない部分が多く、移住当時の移民生活、または移住前のドイツでの生活をかたくなに守り続けています。

アーミッシュは宗教を主体とする少数民族です。

アーミッシュにはどこへ行けば会えるの?

複数のグループが北米東よりの広い地域に分かれて暮らしています。そのため、アメリカを旅したりアメリカで暮らしたりしていると、意外とあちこちで出会いがあります。

アーミッシュに出会いやすい大きなコミュニティがあるのは、アメリカ合衆国ペンシルバニア州・オハイオ州・インディアナ州の三州。そしてカナダのオンタリオ州です。

その中でもさらにアーミッシュの本拠地ともいえるのが、ペンシルバニア州のランカスターでしょう。ワシントDCワシントンから車で2時間ほどですが、かなりの田舎。中心部から少し離れたところに、アーミッシュ体験ができる観光施設があり、さらに田舎に入ると、アーミッシュたちの暮らす大きなコミュニティもあります。

アーミッシュはどんな生活をしているの?

「自給自足」。これが答えです。

彼らは食料を自給自足するのはもちろん、衣類も手作り、家具も家までも手作りです。

電気はあるものの、ほとんど使用しません。原則として個人用の電話もなし。車もなし。わずかに利用される電気も風車や水車で作り出すもの。地域によってはガスを利用していることもあります。移動手段は馬の引くバギー。

男性はシャツにズボン。女性はワンピース。麦藁帽やレースのネットをかぶり、革靴か素足で過ごします。女性が化粧をしたり、パーマをかけたりすることもなければ、男性が頭をツンツンにハネさせることもありません。

学校はアーミッシュの村内にあり、16歳まで通います。その後多くのアーミッシュはアーミッシュ同士で結ばれるともいいます。

アーミッシュは何を食べているの?

宗教的に「食べてはいけない」というタブーはありません。ただし、原則として、アーミッシュの村内で作られたものを食べます。ただ、調味料など、自給が難しいものは、物々交換や自分たちが作った農作物などの販売収益で購入します。

地元のスーパーなどにも現れますが、彼らの自給自足する農作物はすべて農薬肥料を使わない自然食。それに慣れているため、ジャンクフードはもちろん、国内外問わず、大規模農家で作られるほとんどの食料を口にすることはないといいます。

さらには、冷蔵庫を持たないことも多く、その日に収穫したものをその日のうちに食べる、または、ローストしたり塩蔵するなど、昔ながらの方法による保存食を食べています。

自由に旅をして旅ブログを書く仕事!副業でもOK!

月収38万円~。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

アーミッシュってどんな服装をしているの?

マキシ丈のワンピースに白いレースのネット帽。足元は編み上げのブーツ。そんな姿の女性をみたことがありませんか? さすがに日本ではあまり見かけることがありませんが、アメリカ大陸やヨーロッパでは、旅の途中なのか、そんなアーミッシュの姿を目にすることがあります。

また、アーミッシュの暮らす村そのものは積極的開放されることがないものの、観光用施設が作られている場所では、シンプルなシャツやズボン、ワンピース姿のアーミッシュたちに出会えます。

彼らの姿を一言でいうと「素朴」で「クラシカル」。衣類の色やスタイル、化粧などを含めた「派手」さが禁じられているため、また、手作りの風合いと色合いに限られることも関係しているのでしょう。

男の子たちは、それが制服のようにそろって、サスペンダー付きのズボンをはき、麦藁帽をかぶっています。大人の男性は、口ひげ以外の髭を伸ばし、黒や灰色のゆったりとしたシャツスーツ姿が多いでしょう。

アーミッシュの仕事は何を?

農作業が彼らの主な仕事です。

何しろ自給自足。朝から晩まで、子どもも大人もさまざまな農作業に精を出します。

それに加え、保存食の加工、藁帽子やキルトづくり、時には家具や家も作ります。個人や家族の中で、それらの作業すべてを行えることもあれば、不器用な人もいるので、お互いの得意分野を補い合って生活物資を揃えているそうです。

また一部のコミュニティでは、観光用の農場や体験施設、レストランなどを運営していることもあり、そこで働いているアーミッシュもいます。

アーミッシュの恋愛事情と結婚事情について

アーミッシュは、16歳になると「世の中」を知るためにコミュニティを出ることが許されます。すべてのアーミッシュが、コミュニティを離れるわけではありませんが、その多くが外の世界に出ていくそうです。

それまで食べたことのないもの、着たことのないもの、飲んだことのないもの、乗ったことのないものなどを体験し、アーミッシュ以外の人々とも交流します。その結果、自分がアーミッシュになるかどうかを自分で決めることができるのです。

はっきりとした資料はありませんが、多くの子どもたちが数カ月から数年を外の世界で過ごしたあと、自分たちのコミュニティに戻ってアーミッシュになるといいます。

また、アーミッシュはアーミッシュと結婚することで、アーミッシュの絆をつないでいきます。また、彼らは多産傾向が強く、アーミッシュ人口は常に増加現象にあります。

もうひとつ特徴的なのが、アーミッシュは早婚なうえ、離婚は厳禁です。生まれつきのアーミッシュでない人たちの中には、この離婚厳禁を守ることができず、アーミッシュのコミュニティから出ていかざるを得なくなることもあるそうです。

アーミッシュのイベント・祭りについて

アーミッシュの子どもが16歳になってアーミッシュと親元から離れて過ごす「ラムスプリンガ」は彼らにとって一大イベントといえるでしょう。

これ以外には、彼らの生活の主体である農業の収穫を祝う収穫祭、宗教に沿った祈りのイベント、男性を中心としたスポーツの集いなどがあります。

ただ、それらはアーミッシュによるアーミッシュのためのイベントなので、外部に公開されることは少ないのが残念です。

アーミッシュの民族的な由来は?

新教系の宗派から分かれた一派で、スイス・チューリッヒにその源があるといわれています。彼らはそのほかの多くの移住者たちと同じく、新大陸に新天地を求めてアメリカへと渡ってきました。

彼らは元から保守的な宗派だったこともあり、ほかの移民グループとは一線を画した生活を好み、それを極めていった結果、現在のようなアーミッシュの村が残ることになりました。

現在のアーミッシュたちが抱える問題は?

パソコンや携帯電話、そしてそれらがつながるネットの世界は、アーミッシュだけを取り残してはいきません。都会に近いアーミッシュのコミュニティでは、これまで通りのロングスカート姿をしてはいても、アーミッシュ女性が歩きスマホをしていることもあります。

これまでは、近隣のマーケットに持ち込むことで現金収入を得ていた物産も、インターネットを通じてアメリカ全土、時には海外にも販売・発送ができるようになりました。

車の運転は今も厳禁ですが、運転手付きの車を雇うことを禁じていないコミュニティもあります。

彼らは、すべての文明の利器を排除するルールを持っているわけではありません。だからこそ、何を受け入れ何をはじくのか、その線引きが非常に難しい時代を迎えているといえます。

まとめとして

アーミッシュの村は排他的でした。アーミッシュの人々は、シャイではあっても優しく友好的ですが、今も多くのアーミッシュはアーミッシュだけでのコミュニティ、生活を大切にしています。

ルールを守れないよそ者が入り込むのが難しいため、アーミッシュは独自の非常に濃いコミュニティを保ってくることができました。果たして、それがいいことだったのか? それとも?

スーツを脱ぎ捨て、旅をしながら稼ごう!

日本人、働きすぎです!
ほんと、気付いたほうがいいよ。今日のあなたに、日本に、仕事に、生き方に、満足なんかしていたら「必ず」後悔するよ!

おすすめ

  logonevgivb  

神崎竜馬

旅が仕事YUUMA

求人

live free art (芸術)

村人ブログ

世界の人々の写真

旅人の隠れ家

石垣島ビリヤード

Family – pickup

  1. 屋外・風通し良し・ジャングルのド真ん中・石垣島のずっと北の方です。風の音・鳥の音・虫たちの音…
  2. 旅に出て半年経つあたりから「旅への意識」が変わってくる。旅をしているのではなく、日常…
  3. この町では、玄関、窓、車、すべての鍵は開けっ放し、刺しっぱなし!だから僕たちもアパー…
  4. こんにちわリョウです(^^♪さぁ皆さんお待ちかね!!タイに引き続きミャンマーの風俗事情も調査…
  5. みなさんこんにちは。Shigeです。旅をしていると色々な所にいきますが、そこで切り離…
  6. ここ最近の僕たちの様子~僕が最も好きなビーチ、プライベートビーチで村人たちと飲んだく…
  7. 沖縄本島ショート旅。期間は短くても、内容の濃い二週間でした。楽しかった~…
  8. ネットで石垣⇒香港の格安チケットを見つけて衝動買い、10日間のショート旅。楽…
  9. バンコク最後の夜に、ナイトスポット、タニヤ通近くのオカマバーへ。Dream Boy とかBo…
  10. みなさん、こんにちは。マイコです。今日は、旅の出発前夜祭@那覇です。なぜ那覇か、とい…

注目記事

  1. バックパッカーで海外のライブハウスを巡る、音楽の旅旅には必ず音楽がついてきます。お気…
  2. みなさんこんにちは!Shigeです!今夜は”眠らない街”バンコクの夜遊び事情、ゲイバ…
  3. 北アメリカ大陸は大雑把に分けて4つに分かれます。カナダ、アメリカ、メキシコ、カリブ海諸国です…

ピックアップ記事

  1. 最も人気の観光地ともいわれるバルセロナですが、あなたは何を楽しみに行きますか?バルセロナを満喫するた…
  2. 現在、海外ではエボラ出血熱が猛威をふるっていて収まる気配がありません。また、日本ではデン…
  3. 「玄関から出るところまで」の予定だけで出発する、そんな心と風に任せた旅もありかもしれませんが…
  4. 世の中にはいろんな「嗜好」を持つ人がいます。その中でも近年アメリカでその仲間の輪を急激に広げ…
  5. こんにちは、マイコです。先日、プーケット・サイモンショーに行ってきました。今回は、こ…

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー
PAGE TOP