日本通販と日本人オークションが神対応! 外国であがる感激の声

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

201610328

日本の通販サイトへの外国からのアクセス、日本人が出品したオークションへの外国人の参加。これらが劇的に伸びています。

海外で日本通販と日本人によるオークションがもてはやされる原因は、日本人にとっては当たり前な「おまけ」や「一言のお礼」にありそうです。

201610326

なぜ今、日本の通販や日本人によるオークションが人気なのか?

アンティークな時代、オークションを初めて行い、開催していたのはヨーロッパ。20世紀には、電話や郵便、FAXを利用した通信販売がアメリカやヨーロッパ、そして日本などのアジア各地で広がりました。

そして21世紀、インターネットさえつながっていれば、パソコンだろうがスマホだろうが、ワンクリックで世界中の通販サイトでショッピングができ、世界中の公私オークションに参加できる時代になりました。

通販でもオークションでも、日本はスタートこそ遅れたものの、その後の発展ぶりには目を見張るものがあります。あらゆる食料、雑貨、車も不動産だってワンクリックで簡単に購入できるのはもちろん、その購入方法や品質やアフターケアの確かさは世界でピカ一です。でも、日本で暮らしていると、このすばらしさ、気づかないものなのです。

近年、日本の通販や日本人によるオークションのすばらしさが世界で注目を受けています。その理由を探ってみましょう。

201610331

世界中に通販もオークションもあるけれど…

そう、世界のほとんどの国に通販サイトもオークションサイトも存在しています。細かいことを気にしないなら、ほとんどの先進国の都市で家に引きこもったまま生活できるだけの通販ネットがあるのです。でも、平均的な利用度は決して高くありません。それはなぜか?

キャッシュレス決済が進み、通販先進国でもあるアメリカでさえも、通販は一部の人が一部のショッピングに利用するためのサイトであり、一般的にはネットを使った通販よりも実際に足を運んでのショッピングの方が好まれる傾向があります。

通販後進国の中国などでは、中国で通常販売されていないもの、近くに販売店がないものなど、通販サイトでしか買えないものに限って通販を利用する傾向があります。それも、自国のサイトよりも外国のサイトから多額の送料をかけて取り寄せるという方法が好まれます。

通販サイトやオークションサイトは存在していても、実際のそれほど利用度は高くないのが現実なのです。

201610322

日本の通販サイト・オークションサイトの国際化

ネットワークが世界規模になった今、実際のところ多くの大手通販サイトやオークションサイトが国の枠を取り払い、世界中から注文を受けつけています。当然、日本の通販サイトやオークションサイトも、海外の人たちの目に触れる機会が増え、実際に利用する人も増えています。それは、日本のサイトに「英語」や「中国語」、「韓国語」などのバージョンが増えていることからも想像できますね。

では、実際に使ってみた海外の声はどんな感想をあげているのでしょうか?

自由に旅をして旅ブログを書く仕事!副業でもOK!

月収38万円~。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

日本の通販サイト・オークションサイトの海外利用者の声

「日本人からオークションで購入したら、『おまけ』がついてきた!」との感激の声をあげた主は、「e-bay」を使って日本人から3DSのチャージ用クレードルを購入したら、おまけとしてキャンディとうれしいメッセージが入っていたと続けています。

スマホのアンロック法が分からず困っていたという人物も、日本のサイトを通じてその方法を伝授してくれるに日本人に出会ったそうです。ところが、その方法が難解すぎて手に負えないと伝えると、本人が使っているツールをそのまま送ってくれたのだそうです。「彼は送料を負担するという僕の申し出さえも断ったし、次に自分が必要になる時まで持っていていいよと言ってくれた」と大いに驚いています。

この人物は、その後9か月たって、「送り返してくれる?」とのメールが届いたので、送り返したものの、最後までお互いの顔を知らず、直接会話をすることもなかったそうです。

201610330

日本の「おまけ」や「お礼」精神は素晴らしい!

これらの体験が複数のせられた掲示板には、多くの感想が寄せられていましたが、日本人の何かにちょっとした「おまけ」をつけ、「お礼」の気持ちを示そうとする行動に感動したという例がたくさんありました。

「日本からベイブレードを購入したら、日本限定のキットカットが入っていた」とか、「3DS用のカードケースをオークションでゲットしたら、お礼の手紙とポケモンカードのおまけが入っていた」とかいった逸話は数知れません。

日本人にとって、通販で何かを購入した時に、試供品が入っているのは珍しくないことです。小さな安いものをオークションで競り落としたら、そのものよりも価値のありそうなカバーやおまけがついてくるような例も少なくありません。

そんな日本人なら当たり前のように享受している「おまけ」文化と「お礼」文化が今、日本の通販サイトや日系のオークションサイト、日本人のオークション参加者たちの増加によって、海外で知られるようになりました。その結果、「日本ってやっぱりすごい」という声がネット上でも再燃しているわけです。

201610324

そのサイト、信用していいの?

アメリカ在住の知人は、「アメリカにも通販はいっぱいあるけど、品質がね…」、中国在住の友人は、「最近中国系の通販サイトが増えたし、価格や送料は安いんだけど、信用がね…」と、そのサイトと扱っている品物両方への不信感を訴える声を耳にします。

実のところ、日本のネット決済のセキュリティは一部の先進国と比べて遅れているともいわれています。カード情報を含めた個人情報の管理も甘いといわれている日本。でも、それをカバーして余りあるのが、「日本」というブランド名の信用度の高さのようです。

「通販生活ってホントに楽だし、お得なんだから」と言い切るのは海外から日本に帰国した友人。でも、「外国のサイト? 使わない。だって、正しいものが送られてくるとは限らないし、返品も面倒くさいし、対応も悪い」とも語ってくれました。

全ての発言の根っこにあるのは「信用」です。

201610323

日本サイトが外国に受け入れられる理由

日本発信の通販やオークションのサイトは急激にそのシェアを伸ばしています。そこには、店舗数の多さ、品数の多さ、品質の高さ、サービスの良さなど、「店」としてのポイントの高さだけでなく、「日本人がやっている」というブランド感が大きく影響を与えているのも確かです。

「英語サイトが増えたし、海外発行のクレジットカードが使える店も多くなった、ペイパルに対応しているところもある」と日本のサイトの使い勝手が高くなっていることを喜ぶ声は外国人だけでなく海外在住日本人の間でよくあがります。

201610327

オタクグッズや日本限定品が狙い

また、日本のサイトが海外で注目されるのには、別の理由もあるようです。

「やっぱりアニメグッズは日本のサイトが一番豊富」と熱く語るアメリカ人もいれば、「日本で食べた限定味のお菓子が忘れられない」と新しい限定フレーバーが出るたびに取り寄せるロシア人もいます。

彼らにとって、日本の通販サイトは日本に行かなくても日本の文化や味を楽しめる魔法の打ち出の小槌。「もっと英語対応の店が増えれば、もっと買う」「オークションで同じ品を扱っていれば日本人を選ぶ」という声も実際に耳にします。

201610325

まとめとして

日本人の「おまけ」や「お礼」の文化、几帳面でマジメな性格、徹底したアフターケア、あくなき追求心が生み出すオタクワールド。

これらが今、通販やオークションという形を介して、日本以外でもオタク以外でも気軽に手を伸ばして購入できるようになりました。

ネットを通じたこのショッピングワールドは、英語が苦手な日本人でも、客としてだけでなくショップオーナーやオークショナーとしても足を踏み入れやすいという特徴もあります。店舗で英会話をして販売する必要はなく、英作文レベルのメールやチャットのやり取りで十分なところがポイント。

海外サイトで日本の通販やオークションへの賛美を見かけるたびに、これからは、サイトショップ経営もアフィリエイトサイト経営も海外のポテンシャルユーザーを視野に入れていくべきだな、と今更ながら納得させられる今日この頃です。

スーツを脱ぎ捨て、旅をしながら稼ごう!

日本人、働きすぎです!
ほんと、気付いたほうがいいよ。今日のあなたに、日本に、仕事に、生き方に、満足なんかしていたら「必ず」後悔するよ!

おすすめ

  logonevgivb  

神崎竜馬

旅が仕事YUUMA

求人

live free art (芸術)

村人ブログ

世界の人々の写真

旅人の隠れ家

石垣島ビリヤード

ここ最近の旅とか遊び

  1. 悪夢のような事件が起きて次女と旅に出て二ヶ月。17年間一番大切にしていたものを失い、その時は…
  2. 上の家が下の家になるまでの話 究極のセルフビルド(DIY)的ストーリー水も電…
  3. 昨日の事が一年昔の事みたい。毎日、毎時、毎分、毎秒、俺の周りで、俺の心の中で、俺や、誰か…
  4. ※写真:当サイトスタートから31日目から34日目新潟県から富山県スタートから…
  5. 北海道旅をしていた時に撮影したものが出てきたので~…
  6. みなさんこんにちは!Shigeです!国々を巡り、多くの人々に出会い、多くの困難に出遭…
  7. こんにちわリョウです(^^♪いよいよ旅始まって二ヶ国目ミャンマーに突入です!!いぇい♪…
  8. 畑仕事の後、ビーチ帰り~バケツの底穴から降り注ぐシャワーに打たれ、水に感謝、自然に感謝♪…
  9. 屋外・風通し良し・ジャングルのド真ん中・石垣島のずっと北の方です。風の音・鳥の音・虫たちの音…
  10. あなたも旅をしている気分になれる国境越え動画♪pipi島 → 船でクラビー → トラ…

ピックアップ記事

  1. 木梨憲武。そのフルネームよりも「とんねるずのノリさん」として知られた時代が今はまだ記憶に鮮烈かもしれ…
  2. 片岡鶴太郎という名前を、お笑い俳優として認識するか、俳優としてか、はたまた画家か。片岡鶴太郎…
  3. 興奮度120%! ダンスミュージックの世界へようこそ「トゥモローランド」(Tomorrow La…

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー
PAGE TOP