タイ~ミャンマー陸路国境超え!原因不明の体調不良で嘔吐!! 

こんにちわリョウです(^^♪
いよいよ旅始まって二ヶ国目ミャンマーに突入です!!いぇい♪

タイ~ミャンマー間の友好橋を渡り陸路で国境超え!!

絶好のタイミングでミャンマーのビザが免除に!!

2018年10月より一年間試験的ではありますが日本と韓国を対象にツーリストビザが免除になりました。
以前はインターネットや大使館にてビザ取得が義務付けられていたのでだいぶ手間が省けます。
面倒くさがり屋の僕からしたら非常に有り難い話です。笑 皆さんこの機会に是非ミャンマーに遊びに行ってみてください♪

国橋を渡るとそこはもう違う国。

島国、日本では経験できない陸路での国境越え。昔、大好きでよく見ていた旅番組「あいのり♪」みたいにジャンプしました(一人で。笑)物乞いに話しかけられるのはいつまで経っても慣れず複雑な気持ちになる。。

無事入国でき国境の街ミャワディで一泊。ゆっくり北上し都市ヤンゴンを目指そう!
とゆうことで次の日は田舎町コーカレイへ出発!ミャンマーの人たちって親日でみんなすごく笑顔で挨拶してくれるんです(^^)
ミンガラーバー。ミャンマー語で「おはよう、こんにちわ」など挨拶するときに使います。
二日目にして僕らはミャンマーの魅力に惹かれこの国を好きになっていた。コーカレイまで1時間くらい自然に囲まれた道をゆっくり、ゆっくりと車に揺られ到着。

ミャンマーの人は日常的にタナカ(Thanaka)と呼ばれるものを顔に塗る習慣があります。
なんとこのタナカ!日焼け止め、にきびの防止、お肌全般に万能に効果のある天然化粧品♪


僕らも早速タナカを塗って町を散策することに♪こんな田舎に外人が来るなんて珍しいのか皆不思議そうに見てきます(笑)

街中いたるところが血だらけ!?

数歩歩くと血痕が、、、、

実はこれ“クーン”と呼ばれるミャンマーの噛みタバコ。噛み続けると出てくる真っ赤な唾液を現地の人は歯を真っ黒にさせながら「ペッ!」とそのへんに吐く。要するに町中、人の唾だらけ!!笑


依存性もあるらしくあんまり健康には良くないみたいです。試しに一つ食べてみたけどクッソまず!!と思ってすぐ捨てました。笑 講師は気に入ったみたいでそれから毎日モグモグしてます(笑)

町をぶらぶらしているとやっと晩飯にありつけそうな食堂を発見!!英語も通じずMenuもミャンマー語。ジェスチャーでなんとかオーダーするも出来上がるまで何が出てくるか分からないドキドキ感がたまりません!笑

食後の運動に皆で楽しくビリヤードをしていたのも束の間、、、

PR広告

※投稿記事とは無関係です。

突然、頭がかち割れるほどの頭痛!!

数日前から長時間の移動が続き体調はあまり良くなく寝つきも悪かったので早めにベッドへ。2、3時間目をつむっても寝れず寒気と頭痛に襲われながらずっと耐え少し寝れたと思ったら夜中に急激な吐き気!!

何かの菌に感染したのか!?意識が朦朧とする中トイレで吐きながらずっと考えた。
これ以上ひどくなったらやばい、、、しょーがない病院に行こう。

でもこの町に英語が通じる病院はない。海外の田舎の小さな町で病気になることがこんなに怖いなんて知らなかった。
毎日変わる環境の変化に心はワクワクしてても体はついてこれてなかったんかな?今後の旅の為にも体力づくりに励みます!!


なんとか眠りにつき次の日Shigeに聞くと夜中ずっと汗だくでうなされながら寝てたみたい。それから数日かけて徐々に体調は良くなったものの未だに何が原因やったのか分からない、、なにはともあれ、ほんと治ってよかったです!!
ここ数年風邪を引くこともなかった自分。改めて海外を旅する上で自分の体調管理が一番大事だなと身をもって痛感しました。なにより健康第一!!

逆に体調さえ万全なら怖いもんなしですね!!これからもっと楽しんでミャンマーの旅を届けていきます♪

旅の様子

画像をクリックするとコンテンツが閲覧できます。

手作りキャンピングカー日本一周

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

世界の人々の写真

旅が仕事YUUMA

石垣島での活動

石垣島では数々の音楽&アートイベントを主催してきました。ノマド発信の拠点となります。
 
旅人の隠れ家

村人ブログ

アート&研究

私たちノマドが見えている世界観をアートや研究によって創造し発信しています。
 
live free art (芸術)

神崎竜馬

意識世界の研究

旅人の歌

ヴィーガンの村

アミ小さな宇宙人

バンライフインスタ

ここ最近の旅とか遊び

  1. 沖縄本島ショート旅。期間は短くても、内容の濃い二週間でした。楽しかった~…
  2. 制作者:せい材料:白保海岸で拾った流木、庭木、廃棄木パレット、近所の牧草、鉄ビス…
  3. ※写真:当サイトスタートから39日目~43日目福井駅から琵琶…
  4. ※写真:YuumaとうとうインドINしました。子連れバックパッカー4年目、ずっと行き…
  5. まさかの関空水没からの、色々な問題を乗り越え、ようやく、タイ・パトンビーチで全員集合できました!…
  6. もうこの地球上で進みたい「道」が無いと思っていたら、宇宙と繋がったよ。ヨットという選択肢がま…
  7. キャンドルアーティスト ゴンちゃん!星とキャンドルが調和しました! …
  8. スタートから61日目スタートからの距離2025km…
  9. 霧島に導かれた僕らは、この地の神秘に魅せられ、あれこれと学んでいるうちに、ひと月も過ぎてしまった。そ…
  10. サーファーズパラダイス・ニンビン・ゴールドコースト・バイロンベイバックパックを置いて、シティ…

pickup 情報

  1. 木梨憲武。そのフルネームよりも「とんねるずのノリさん」として知られた時代が今はまだ記憶に鮮烈かもしれ…
  2. この記事を書いたライターは様々なドラッグ売人(プッシャー)の繋がりを持ち、この裏社会の事はおおよそ熟…
  3. 見るより、今年は参加したい! 「リオのカーニバル」/ブラジル・リオデジャネイロ「元祖」ではな…
PAGE TOP