ヴェネツィアでもっとも大きなレガッタレース!レガッタ・ストーリカに参加!

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

ヴェネツィアといえば、カーニバル。でも、地元ではカーニバルに劣らないほど人気を集めるイベント、それが「レガッタ・ストーリカ」です。

大型レガッタに中世の仮装で乗り組んでパレードをしたり、真剣そのもののゴンドラレースを応援したり。たった1日だけのイベントですが、ヴェネツィアっ子たちが熱狂する祭りの「レガッタ・ストーリカ」を見に行ってみませんか?

レガッタ・ストーリカ(Regata Storica)の開催会場・開催日

ヴェネツィアにおけるレガッタのシーズンは初夏から秋まで。レガッタ・ストーリカは9月の最初の日曜日に開催される、ヴェネツィアでもっとも大きなレガッタレースです。

会場になるのは、水路とカナル・グランデ。その日ばかりは、観光客や恋人たちを載せるゴンドラとゴンドラを操る青年たちの姿が、規制されてしまいます。

レガッタ・ストーリカ(Regata Storica)の歴史

レガッタのレースは、ヴェネツィアで行われる多くのショーの一つとして13世紀から行われていたそうです。ただ、当時は小規模なもので、さらに不定期に行われていました。それが現在のように大きなイベントへと成長したのは、観光に役立てようとバックアップが入ったから。

19世紀後半から、ヴェネツィアで開催されるビエンナーレの催しの一つとして、レガッタレースは規模を大きくし、宣伝もされて大掛かりな「レガッタ・ストーリカとして生まれ変わったのです。

レガッタ・ストーリカ(Regata Storica)のパレード

パレードは、レガッタ・ストーリカの前半に行われます。これは、水路の都市ヴェネツィアならではの、歓迎パレードで、1489年にキプロスから帰還したカテリーナの歓迎パレードを模しているそうです。

そのため、パレードに登場するレガッタは、古いヴェネツィアスタイル、船上でレガッタをこぐメンバーたちも、当時の衣装を着こんでいます。そこへさらに貴族の衣装を着こんだ人々が乗り込むといったスタイル。

このレガッタによるパレードは、サンマルコ湾から出発し、カナル・グランデをこぎながら通り過ぎていきます。これを地元では「コルテオ・ストーリコ(歴史行列)」と呼んでいます。

運河いっぱいにあふれるほどのレガッタには、王族貴族風の船と乗員、水兵バージョン、教会関係者バージョン、騎士や歩兵バージョンなどなど、船ごとにテーマがあり、それを当てっこするのも楽しみです。

また、中にはボーイスカウトかガールスカウトのようなグループ、企業による宣伝カーならぬ宣伝レガッタなども出ていて、楽しめます。

自由に旅をして旅ブログを書く仕事!副業でもOK!

月収38万円~。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

レガッタ・ストーリカ(Regata Storica)のイベント

前半がパレードなら、後半には祭り本番ともいえるレースが開催されます。

レースは4部構成。男性2人、女性2人、2人漕ぎのゴンドリエーリ、そして6人漕ぎのカオルリーナです。特にカオルリーナはヴェネツィアの地元地区からの勝ち抜き戦になるため、市民たちの熱狂ぶりが見ものです。

6人漕ぎのカオルリーナは、大きめのカヌーの上におそろいの衣装を身につけたメンバーが立ちこぎで乗り込んでいます。ゴンドラに乗ったことのある人なら、あの手の乗り物の不安定感を知っているはず。この6人乗りのレガッタレースでは、不安定さをものともせずに、息を合わせて立ちこぎをする選手たちの様子に注目しましょう。

一方、二人乗りのゴンドラレースのほうも、普段運河を鼻歌混じりに流しているあのゴンドラとは全く様相が違います。もちろん、選手たちはボーダー柄のシャツも着ていません。

レース用の服に身を包み、真剣なまなざしで一心不乱にゴンドラをこぐ様子に驚かされることでしょう。実際、ゴンドラレースに参加する選手たちは、普段ゴンドリエーレをしている人とは限らないそうです。

レガッタ・ストーリカ(Regata Storica)の食べ物

パレードを終えた船上では乗組員たちが、手持ちのスナックを食べているのを見かけます、それがチーズとワイン。あっちの船、こっちの船が通りがかりに寄り添うと、乾杯のグラスが掲げられます。

もちろん水上だけでなく地上でも、あちこちのカフェやリストランテでは、パレードを見てもう十分楽しんだとばかりに早めの祝杯をあげるひともいれば、地元のチームがレースで勝った負けたと理由をつけて飲み始める人もいます。

ただ、日曜日であること、カーニバルに次ぐヴェネツィアの大イベントであることから、店はクローズしているところもあります。確実に席を確保するには、リストランテのオープンを確認がてら前日までに予約しておくと安心です。

レガッタ・ストーリカの観方

水上のイベントを見るには、岸辺に陣取るのが一番。パレードやレースの通過する岸辺には、仮設観覧席が設けられますが、ヴェネツィア市内の運河にかかる橋や、カナル・グランデ周辺でもみることができます。

特にパレードの際には、観客が集中するので、早めの場所取りをおすすめします。

ヴェネツィアの移動といえば水上バスやゴンドラなどが浮かびますが、この日は、船での移動がほとんどできないことも頭に入れておきましょう。いつもと行動パターンが変わってきます。

パレードやレースを見るには、早めに街の中心部に入っておき、観覧のための場所を探しながら街ブラをするつもりでいるといいでしょう。

一番の見どころ

パレードはもちろん大変な人気。レースも地元住民中心に盛り上がります。でもそれ以外にも見どころはあります。

レガッタ・ストーリカの場合、パレードにしてもレースにしても、水の上で行われます。イベント開催中の運河や海上は、ほかの船の運航が規制されています。そのため、船を使ってパレードを追いかけてみることができないのはもちろん、レースも、目の前を通過していくその瞬間しか見ることができません。

では、見ものが目の前を通過しない間はじっと我慢しているのかというと、もちろん違います。

水上にはいくつかの船や浮き島があり、そこで生演奏が行われているのです。ユラユラと波で揺れるステージ上で熱唱するシンガー。レガッタの上で器用に配置を取って演奏する楽団など、音楽としてだけでなく、その様子がなんとも目が離せないハラハラ感いっぱい。

パレードやレースを見やすい場所を取るのはもちろん、お祭り見物の定石ですが、このプラスアルファのイベントを見聞きしやすい場所を選ぶのも、1日を楽しく過ごすコツといえるでしょう。

まとめとして

レガッタ・ストーリカの時期は、ヴェネツィア映画祭と時期がかぶっていることが多いので、この日曜日だけスポットで訪れるよりも、前後合わせて滞在するほうがお得です。

ヴェネツィアはそれほど大きな街ではないので、映画祭に招待されたセレブリティたちとすれ違うこともけっこうあるそうです。特に、地元で知られたちょっといいリストランテなどを予約すると、「あ、隣に!」なんてことも。

この時期のヴェネツィアでは、レガッタパレードでゴンドラ上のカーニバル(仮装姿)を十分に楽しめるし、レースは、その真剣さと観客たちの熱中ぶりに驚かされるし、前後には映画祭も楽しめます。

一粒で2度も3度も美味しいヴェネツィアの秋。海の幸も合わせれば4粒分味わえそうですね。

スーツを脱ぎ捨て、旅をしながら稼ごう!

日本人、働きすぎです!
ほんと、気付いたほうがいいよ。今日のあなたに、日本に、仕事に、生き方に、満足なんかしていたら「必ず」後悔するよ!

おすすめ

神崎竜馬

旅が仕事YUUMA

求人

live free art (芸術)

村人ブログ

世界の人々の写真

旅人の隠れ家

石垣島ビリヤード

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

ここ最近の旅とか遊び

  1. ※記者は世界中を旅する旅人ライターであり、日本での大麻所持など法律を無視した活動はしていません。…
  2. みなさんこんにちは!Shigeです!国々を巡り、多くの人々に出会い、多くの困難に出遭…
  3. 音楽が地球を救う日が来るかもしれないニューヨークから東に十数キロにあるノーセーフティーエ…
  4. 制作者:せい材料:白保海岸で拾った流木、庭木、廃棄木パレット、近所の牧草、鉄ビス…
  5. 拠点石垣島 波照間島 大阪 横浜 ちょい昔の沖縄みんなでペンキ塗り みんなでジブリ風…
  6. 畑仕事の後、ビーチ帰り~バケツの底穴から降り注ぐシャワーに打たれ、水に感謝、自然に感謝♪…
  7. みなさん…こんにちは…。Shigeで…す。今回僕たちは、本日限定で開催されるロック・…
  8. 生徒たちが動画を編集して作ってくれました、後半いいっす笑ちょっと長いですが、最後まで見てくだ…
  9. みなさんこんにちは!Shigeです!人生一寸先は闇と言いますが、まさかいきなり命の危険を…
  10. ※写真:YuumaとうとうインドINしました。子連れバックパッカー4年目、ずっと行き…

最近の人気記事

  1. 南米には今人気急上昇中のウユニ塩湖や日本人の一番行きたい世界遺産のマチュピチュといった超人気…
  2. はじめにヒッピーについて書かれた本はあります。映画、小説、演劇などの題材となったこともありま…
  3. 世界中のバックパッカーが集まるインド世界中からバックパッカーが集まる国といえばインドです。イ…

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー
PAGE TOP